ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン ステージ8:地獄大使とダミーライダー軍団
作者:カネゴン   2017/04/07(金) 17:00公開   ID:dPOM8su8lqs
<前回のあらすじ>
マスターガンダム率いるゲルーズダミーチームに立ち向かうデュエルガンダム達。デュエルはマスターの鮮やかな格闘技に苦戦するも、バスターやシホ、さらにグレンファイヤー、電王、ルイとの絆の力で辛くも勝利を掴み取るのであった。






SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)
サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン


ステージ8:地獄大使とダミーライダー軍団

地獄大使(影絵)「ショッカー軍団・・・バンザ〜〜〜〜〜イ!!」






とある採掘場
仮面ライダースペクターこ深海マコト、ジュウオウエレファントことタスク、ジュウオウザワールドこと門藤操の3人はゲルーズダミーの仮面ライダーシザース、仮面ライダーベルデ、仮面ライダーガイに追い詰められていた。
ベルデ「お前ら3人もここで終わりだな。」
ガイ「仲間と一緒に大人しく捕まっていればこんな痛い目見ずに済んだのによぉ。」
マコト「ふざけるな!貴様の思い通りにされてたまるか!」
タスク「僕達は絶対にあきらめない!」
操「大和達は必ず助けてみせる!」
シザース「キレイ事を言うのもそこまでです!トドメといきましょう!」
???「そこまでや!」

するとそこへモモタロスと同じく正義のイマジン・キンタロスが駆けつけた。
キンタロス「オレの強さにお前らが泣いた!行くで!」
キンタロスは自慢の相撲戦法とキンタロアックスによる斬撃でシザース達3人を圧倒した。逆に追い詰められたシザース達は一時撤退した。
マコト「すまない、助かった。」
キンタロス「礼には及ばへん。それより何があったんや?」
マコト達3人はなぜ自分達がシザース達に襲われていたかをキンタロスに話した。マコト達ゴーストライダーズとジュウオウジャーの6人はゲルーズダミーとして復活したショッカーの大幹部・地獄大使の秘密基地を調査するために共に行動していたが、地獄大使の配下のゲルーズダミーのライダー軍団に返り討ちに合い、タケル、アラン、大和、セラ、レオ、アムの6人が捕まってしまったのだ。
タスク「早くしないと大和達が殺されてしまう!」
キンタロス「それは大変や!よっしゃ!ほんならオレも協力するで!」
操「ありがとう!助かる!」


こうして、マコト達はキンタロスを仲間に加え、再び地獄大使の秘密基地の調査を続けた。すると4人は秘密基地の入り口らしき洞窟へと入っていった。
4人が洞窟の中をしばらく探索すると、ついに十字架に張り付けらているタケルや大和達を発見した。
マコト「タケル、アラン!」
操「大和、レオ!」
タスク「セラ、アム!」
タケル「マコト兄ちゃん、みんな!来てくれるって信じてたよ!」
マコト「待ってろ!今助けてやる!」
???「そうはさせん!」
マコト「この声はまさか!」

タケルや大和達を助けに行こうとするマコト達の前に地獄大使が現れた。
タスク「地獄大使、そこをどけ!」
地獄大使「どくわけがなかろう!わしはこいつらの力を奪い取り、さらなる力を手にしたのだ!」
操「なんだって!?」
地獄大使「後で貴様の力も奪ってやる!それに貴様らなど今のわしが手を出すまでもない!悪のライダー共〜〜〜〜〜!!いでよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
地獄大使の豪快な叫びと共に、オーディン、アビス、ベルデ、ガイ、インペラー、シザース、タイガ、オルタナティブ・ゼロ、悪の8人ライダーが現れた。
キンタロス「龍騎と戦ったライダー達が仰山おるで!」
地獄大使「標的はあの4人だ。支部寸前まで痛めつけてやれ。」
オーディン「かしこまりました、地獄大使。」
マコト「来るなら来い!さっきの様にはいかんぞ!」
???「オレ達も入れたら8人になるぜ。」
シザース「この声はまさか!」

そこへなんと仮面ライダーナイトに変身する秋山蓮、仮面ライダーライアに変身する手塚海之、ジャッカー電撃隊のビッグワンに変身する番場壮吉、ウルトラマンネオスに変身するカグラ・ゲンキの4人が駆けつけた。
マコト「蓮!来てくれたのか!」
蓮「まあな。それにオーディン達にはちょっとした因縁があってな。オレ達も力を貸すぜ。」
壮吉「よぉーしみんな、行くぞ!」
一同「おう!!」


マコト「変身!」
ゴーストドライバー(スペクター)「カイガン!スペクター!レディーゴ!覚悟!ドキドキゴースト!」
マコトはスペクター眼魂とゴーストドライバーでスペクターに変身した。
タスク、操「本能覚醒!」
ジュウオウキューブ(エレファント)「エレファント!」
ジュウオウザライト「ザワールド!」
タスクはジュウオウキューブでジュウオウエレファント、操はジュウオウザライトでジュウオウザワールドに変身した。
カグラ「ウルトラマ〜ン、ネオース!」
カグラはエストレーラーの力でウルトラマンネオスに変身した。
さらにネオスは鏡のバリアーを作り出した。蓮と手塚はその鏡のバリアーに自分達のカードデッキを写し、鏡面から変身ベルト・Vバックルを召喚し、腰に装着した。
蓮、手塚「変身!」
蓮と手塚はVバックルにカードデッキを挿入してそれぞれのライダーに変身した。蓮はナイトに、手塚はライアに変身した。
キンタロス「変身!」
電王ベルト「アックスフォーム!」
キンタロスはライダーパスと電王ベルトで電王(アックスフォーム)に変身した。
壮吉「ビ〜〜〜グ、ワ〜〜〜〜〜ン!」
壮吉もビッグワンに変身した。

スペクター「仮面ライダースペクター!」
ジュウオウエレファント「森林の王者、ジュウオウエレファント!」
ジュウオウザワールド「世界の王者、ジュウオウザワールド!」
ネオス「ウルトラマンネオス!」
ナイト「仮面ライダーナイト!」
ライア「仮面ライダーライア!」
電王(キン)「仮面ライダー電王!アックスフォーム!オレの強さにお前らが泣いた!」
ビッグワン「ビッグ、ワンッ!」
地獄大使「かかれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」


スペクター達8人ヒーローと悪の8人ライダーのバトルが始まった。
まずはジュウオウエレファントとベルデのバトル。ベルデはクリアベントのカードの力を発動し、体を透明化し、それを活かした卑怯な連続でジュウオウエレファントを手こずらせた。
ベルデ「どうした!?その程度か!?」
ジュウオウエレファント「くっ!ならば!野生解放!!」
ジュウオウエレファントは野生解放を発動し、両足を大きくした。その大きな足から繰り出した地面からの衝撃波でベルデにダメージを与えた上、クリアベントの透明能力を打ち消した。
ベルデ「調子に乗りおって!」
バイオバイザー「ファイナルベント!」
ベルデは契約モンスター・バイオグリーザを召喚した。バイオグリーザはベルデの足を舌で巻き付け、振り子の要領で標的を捕え、キン肉ドライバー(パイルドライバー)の要領で標的の頭を地面に激突させるデスバニッシュを発動しいうとしていた。ベルデはジュウオウエレファントの体を掴んだ。だが本能覚醒したジュウオウエレファントはあまりに重く、さすがのベルデも持ち上げることは困難であった。
ベルデ「重っ!」
ジュウオウエレファント「うお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
ジュウオウエレファントはそのままベルデの足に巻きついてあるバイオグリーザの下を掴み、そのままバイオグリーザをベルデもろとも投げ飛ばした。
ジュウオウエレファント「今だ!!」
ジュウオウバスター「ジュウオウスラァ〜〜〜シュ!」
ジュウオウエレファントはジュウオウバスター(剣モード)のこんしんの斬撃でベルデとバイオグリーザにトドメをさした。
ベルデ「覚えてけ・・・。人間はみんな・・・ライダーだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
ベルデとバイオグリーザは大爆発した。

次はジュウオウザワールドとガイのバトル。
ジュウオウザワールド「ゲルーズ!ゲーム感覚で人々を苦しめるお前達はデスガリアンと同じだ!お前達を倒して、必ず大和達を助けてみせる!」
ガイ「あっそ、じゃあ死んでよ!」
メタルバイザー「ファイナルベント!」
ガイはストライクベントのメタルホーン右腕に装備した上に、契約モンスター・メタルゲラスの肩に乗り、一緒に敵に突進するファイナルベント・メタルプレッシャーを発動した。
ジュウオウザワールド「野生大解放!!」
対するジュウオウザワールドはライノス、ウルフ、クロコダイルの3つの力を持つ野生大解放の形態となり、必殺の突進技・ワールドザクラッシュを発動した。
ジュウオウザワールド、ガイ「うお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
2人の体と体の激しいぶつかり合いが始まった。
ジュウオウザワールド「大和達を・・・返せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
ガイ「どわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
その末、ジュウオウザワールドのワールドザクラッシュが押し返し、そのままガイとメタルゲラスを吹き飛ばした。
ジュウオウザワールド「消えてなくなれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
さらにジュウオウザワールドは右腕のワニの尻尾、右手のオオカミの爪を振り、エネルギー波をどんどんガイとメタルゲラス目掛けて繰り出した。
ガイ「ウソだろ!?このオレがゲームオーバーかよ!?」
ガイとメタルゲラスは大爆発した。

次は電王とインペラーのバトル。
インペラー「アンタ達を倒して、大金持ちになってやるぜ!」
ガゼルバイザー「ファイナルベント!」
インペラーはファイナルベントの力でモンスター・ギガゼールの大群を召喚し、電王に総攻撃を仕掛けた。
電王(キン)「どすこいどすこいどすこい!!」
だが電王は相撲戦法でギガゼールをどんどん蹴散らしていった。
インペラー「このぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
焦ったインペラーはトドメの飛び膝蹴りを炸裂するが、あっさり電王に受け止められてしまった。電王はそのまま片手でインペラーをぶん回し、投げ飛ばした。
電王(キン)「とりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
インペラー「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!オレはただ幸せになりたいだけなのに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
投げ飛ばされたインペラーは洞窟の壁をどんどん突き破り、その途中大爆発した。
電王(キン)「ダイナミック投げ・・・!」

次はライアとシザースのバトル。
エビルバイザー「スイングベント!」
ライアはムチのエビルウィップを装備し、シザースを追い詰めた。
ライア「お前はオレに勝てない。オレの占いは良く当たるんだ。」
シザース「あまり調子に乗らない方が良いですよ。」
シザースバイザー「ファイナルベント!」
ライア「オレはライダーの、そしてヒーロー達の運命を変えてみせる!」
エビルバイザー「ファイナルベント!」
ライアは波乗りのように契約モンスター・エビルダイバーの背に乗って敵に体当りするハイドベノン、対するシザースは契約モンスター・ボルキャンサーに身体を投げ上げてもらうことで高速で回転しながら体当たりするシザースアタックを発動した。お互いの技がぶつかり合った直後、ライアのハイドべノンが勝ち、シザースはぶっ飛ばされ、そのまま後ろにいるボルキャンサーに衝突した。
シザース「わ、私は生き延びて・・・!」
シザースとボルキャンサーは大爆発した。

次はネオスとタイガのバトル。
タイガ「まさか元が僕と同じ顔のウルトラマンと戦うことになるなんて、少しは光栄に思うよ。でも真の英雄になるために君も倒させてもらうよ・・・!」
ネオス「お前のことは調べさせてもらった!掛貝のない者を守ってこそ本当の英雄であることを教えてやる!行くぞ!」
ネオスとタイガ、中の人つながりの対決が開始された。ネオスの電撃の手刀・ネオスサンダーチョップでタイガの召喚機にして斧のデストバイザーに対抗した。今のところ2人のパワーはほぼ互角であった。
デストバイザー「ファイナルベント!」
タイガはファイナルベント・クリスタルブレイクを発動し、ネオスの後ろに契約モンスター・デストワイルダーを召喚した。デストワイルダーは爪を使ってネオスをタイガのいる方向へと引きずっていった。タイガは両手に装備したデストクローでデストワイルダーに引きずられたネオスにトドメをさそうとしていた。
ネオス「負けてたまるか!シュワッ!!」
だがネオスのこんしんのパンチがデストワイルダーをぶっ飛ばし、なんとかタイガのファイナルベントを阻止した。
タイガ「バカな!?」
ネオス「くらえ!マグ二ウム光線!!」
立ち上がったネオスはすかさず腕を×字に組んで発射する黄金の破壊光線・マグ二ウム光線を発射し、デストワイルダーの体を貫き、さらにそのまま後ろにいるタイガにも直撃した。
タイガ「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!僕は英雄になれないのか!?」
タイガはデストワイルダーもろとも大爆発した。

次はビッグワンとオルタナティブ・ゼロのバトル。
ビッグワン「ビッグバトン!」
ビッグワンは武器のビッグバトンによる連続攻撃でオルタナティブ・ゼロを追い詰めた。
オルタナティブ・ゼロ「ゲルーズが気づき上げる新たなる世界のために、あなたには犠牲になってもらいますよ、ビッグワン。」
カードバイザー「ファイナルベント!」
オルタナティブ・ゼロは召喚し、バイク形態へと変形させた契約モンスター・サイコローダーに乗り、コマのように高速回転しながら相手目掛けて特攻するデッドエンドを発動した。
ビッグワン「トイヤッ!」
だがビッグワンは素早く飛び、オルタナティブ・ゼロのデッドエンドを鮮やかに回避した。
ビッグワン「ビッグワ〜〜〜〜ン、フィニ〜〜〜〜〜シュッ!!」
からのビッグバトンから繰り出すビッグワン必殺のビッグワンフィニッシュがオルタナティブ・ゼロに炸裂した。
オルタナティブ・ゼロ「こ、こんなことが・・・?」
オルタナティブ・ゼロはバイク形態のサイコローダーもろとも大爆発した。

次はスペクターとアビスのバトル。
アビスバイザー「アドベント!」
アビスは2体の契約モンスターであるアビスラッシャーとアビスハンマーを召喚し、スペクターを襲わせた。だがそれでもスペクターは恐れず、タケル達を助けるために勇敢に立ち向かった。
アビス「目障りですねぇ。一気に決めましょう。」
アビスバイザー「ファイナルベント!」
アビスはファイナルベントの力で2体のモンスターを合体させ、アビソドンを完成させた。
ゴーストドライバー(スペクター)「カイガン!フーディーニ!マジいいじゃん!スゲーマジシャン!」
スペクターはフーディーニ魂となりアビソドンと激しい空中戦を繰り広げた。
ゴーストドライバー(スペクター)「オメガドライブ!」
スペクター「だあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
フーディーニ魂のスペクターの必殺キックがアビソドンを粉砕した。
アビス「バカな!?私のアビソドンを!?」
スペクター「まだだ!」
ゴーストドライバー(スペクター)「カイガン!ツタンカーメン!ピラミッドは三角♪王家の刺客♪」
ツタンカーメン魂となったスペクターはガンガンハンド(鎌モード)の斬撃を次々と繰り出し、アビスを追い詰めた。
ゴーストドライバー(スペクター)「カイガン!ノブナガ!我れの生きざま桶狭間!オメガドライブ!」
スペクター「はあっ!!」
さらにノブナガ魂に変身したスペクターはガンガンハンド(銃モード)から必殺ビームを発射し、アビスを撃破した。だがアビスは本来の姿であるパラドキサアンデッドへと姿を変えた。

そしてナイトとオーディンのバトル。ナイトはオーディンのすさまじい力に苦戦するも、あきらめずに立ち向かった。
オーディン「これで終わりだ・・・!」
ゴルドバイザー「ファイナルベント!」
オーディンは究極技・エターナルカオス(ライダーキックバージョン)を発動した。
ナイト「これに賭けるしかない!」
ダークバイザー「ファイナルベント!」
ナイトは起死回生の必殺技・飛翔斬を発動し、オーディンに対抗した。
ナイト「負ける物か〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
オーディン「何だと!?ぐわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
なんとナイトの飛翔斬が見事勝利し、そのままオーディンを吹き飛ばした。
だがさすがのナイトも最大パワーで飛翔斬を発動した反動でオーディンへの大ダメージと引き換えに体力の消耗も激しかった。


オーディン「見事だ・・・。そんなお前達にボーナスステージを与えてやろう!」
と言い、オーディンは契約モンスター・ゴルドフェニックスのカードを地獄大使に投げ渡し、大爆発した。
地獄大使「ご苦労だった・・・。今こそオレの真の力を貴様らにせてやる!ユナイトベントォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
そう叫んだ地獄大使は体にゴルドフェニックスのカードを取り込み、黄金色に輝き出した。
地獄大使「貴様も吸収してやろう!」
パラドキサアンデッド「お、お待ちください!私はまだ、うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
さらに生き残ったパラドキサアンデッドをも自分の口の仲へと吸収し、地獄大使は最強怪人アルティメットガラガランダへと強化変身した。
体の色は黄金、背中にはゴルドフェニックスの翼、左腕にはパラドキサアンデッドの鎌が装備されている。
ネオス「恐ろしいほどのパワー感じる!」
アラン「私達の力を奪ったのはこのためだったのか!」
ガラガランダ「そういうことだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
アルティメットガラガランダはゴルドフェニックスの翼で飛び、右腕の尻尾、左腕の鎌でスペクター達を圧倒した。さらに追い打ちで目から火炎ビームを発射した。
電王(キン)「ダミーライダー達とは比べものにならないほどのパワーやで・・・!」
スペクター「ここで終わるわけにはいかない!」
ゴーストドライバー(スペクター)「シンカイガン!スペクター!プライド!グリード!ラスト!ラース!エンヴィー!グラトニー!スロウス!ブレイク!デッドリーシン!」
スペクターはシンスペクターゴースト眼魂の力で最強形態・シンスペクターとなった。シンスペクターはガンガンハンド(銃モード)をアルティメットガラガランダに構えた。さらにジュウオウエレファント、ザワールド、ナイト、ライア、電王、ネオス、ビッグワンの力を合わせ、超強力なビーム砲をアルティメットガラガランダ目掛けて発射した。
スペクター「オレ達の生きざま、見せてやる!!」
ガラガランダ「どわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!ショッカーとゲルーズ・・・バンザ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜イ!!」
アルティメットガラガランダは大爆発した。


スペクター達8人ヒーローはついに勝利し、タケルや大和達の救出に成功した。
操「大和〜〜〜〜〜!無事で良かった〜〜〜〜〜〜〜!」
大和「ありがとう、みっちゃん!すごくかっこよかったよ!」
大泣きしながら大和にハグする操。
アラン「助かったぞ、マコト。」
タケル「きっと助けに来てくれるって信じてたよ!」
マコト「助けに来て当然だろ?オレ達は掛貝のない仲間なんだからな!」
キンタロス「仲間との絆・・・やっぱり泣けるで!」
スペクター達8人ヒーローと地獄大使率いる悪のライダー軍団の死闘は幕を閉じた。だがゲルーズとの戦いはまだまだ続く・・・。




つづく




<次回予告>
怪獣達が平和に暮らすカーブラ高原を襲うロボット怪獣ギャラクトルーパーの大軍団。あまりの数と戦力にオーブは苦戦を強いられてしまう!だがそこへディケイド、カミキバーニング、キニンジャー、シロニンジャーの4人が助けに駆けつけた!

次回、SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)

カーブラ高原SOS

セレクトせよ!最強のヒーローチームを!




■作家さんに感想を送る
■作者からのメッセージ
次回はオーブ、ディケイド、キニンジャー、シロニンジャー、カミキバーニングの5人が大活躍!さらにモグルドンやガヴァドンAなど、可愛い係の怪獣達も参戦します!お楽しみに!ちなみにサプライズ参戦したヒーローはネオスとライアでした〜!

それにしても仮面ライダー好きの友達から「悪のライダーだけでなく、その契約モンスターも倒されてほしい」とか「せっかく龍騎15周年だから失敗してもいいから各ファイナルベントを披露してほしい」とリクエストされたので、今回は書くのに苦労しました。でも読者の皆様がより楽しめたのなら幸いです。

ryoさん
確かにホラーデスやダークティターンズとの戦いでモモタロスとイザークは共闘していました。ですが離れている場所でお互い戦っていたため、一説によればお互いの正体に気付かなかったのではないかと考えられます。
後、ちなみにニアくんやロビくん達は一様くんやちゃんまでが名前です。
テキストサイズ:15k

■作品一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.