ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン ステージ21:見参!無敵ゴヨウカイ
作者:カネゴン   2017/05/25(木) 18:45公開   ID:OtK4AAn4DGw
<前回のあらすじ>
妖精界フェアリーパラダイスをゲルーズの大軍団から守るために編成された怪魔ハンターのエースハンター部隊。優勢的なマンセブン達であったが、ベーダーやミスルビーまでも出現してしまった。しかもミスルビーは真の姿である大妖鬼クイーンブラッドへと変身したのであった。






SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)
サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン


ステージ21:見参!無敵ゴヨウカイ

アカジバニャン(影絵)「妖怪戦隊!」
ゴヨウカイ(影絵)「ゴヨウカイ!!」






クイーンブラッド「ゲへへへへ!ギャーハハハハハ!!」
巨大なクイーンブラッドになったミスルビーは高笑いをし、口から火炎放射を吐きながらエースハンター達を次々と圧倒し始めた。
爆太郎「どわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
イソップ「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
ペリー「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
チール「ペリー、大丈夫!?」
ペリー「僕なら大丈夫です、お嬢様。」
エマ「それにしても恐ろしいほど強いですね。」
ミトンズ「恐ろしいのは顔もだけどね・・・。」
クイーンブラッド「ギャハハ!苦しめ!もっと苦しめ!!」

ベーダー「あのクソババァめ!邪魔をしやがって!」
バスターゲーマーになったベーダーはランチャーをクイーンブラッドに構えた。
ベーダードライバー「決め技!ドンドンクリティカルショット!!」
ベーダーは必殺のビームを発射したが、クイーンブラッドには大して通用しなかった。
クイーンブラッド「何なの今のは?」
ベーダー「ば、バカな!?」
クイーンブラッド「引っ込んでろベーダ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
ベーダー「どわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
クイーンブラッドは手から光弾を投げつけ、ベーダを吹き飛ばした。
マンセブン「恐助!」
ベーダー「お、おのれ・・・。トオル、勝負はお預けだ!」
深手を負ったベーダーはテレポーテーションで消えた。
マンセブン「クイーンブラッド、今度はオレが相手だ!」
今度はマンセブンがベータスラッガーサーベルを手にクイーンブラッドに立ち向かった。だがベータスラッガーサーベルの斬撃もクイーンブラッドにはまったく通用せず、クイーンブラッドの指から発射された雷によって、マンセブンは大ダメージをくらってしまった。

クイーンブラッド「狛犬ヤロー、次はお前だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
コマさん「もんげー!なんでこんなことになっちゃったズラ!?」
USAピョン「テメーがおばちゃんおばちゃん言うからダニ!」
クイーンブラッドが吐き出した火炎放射を必死でかわすジバニャンやコマさん達。
クイーンブラッド「ウロチョロ逃げるな!下等な妖怪共〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
怒りくるクイーンブラッド。すると鳥のような謎の生物が空を飛びながらクイーンブラッドを手こずらせた。
マンセブン「あれはまさか!」
そこへ駆けつけたのは鷲の妖精でトオルのパートナーのブレイズであった。
マンセブン「ブレイズじゃないか!」
ブレイズ「トオル、遅れてすまない!」
ケータ「彼がトオル君のパートナーの妖精なんだね。」
ブレイズ「オレの名はブレイズだ。妖怪のみんな、エンマ様からこれを託された。使ってくれ!」
ブレイズはエンマ大王から託されたゴヨウカイメダルをジバニャン、フユニャン、USAピョン、コアラニャン、コマさんの5人に渡した。このメダルを使えば、妖怪戦隊ゴヨウカイへと変身できる。
ジバニャン「よし!みんな行くニャン!レッツチェンジニャン!!」
ジバニャン達5人はゴヨウカイメダルの力で妖怪戦隊ゴヨウカイへと変身した。


アカジバニャン「アカジバニャン!」
アオフユニャン「アオフユニャン!」
キUSAピョン「キUSAピョン!」
ミドコアラニャン「ミドコアラニャン・・・!」
モモコマさん「モモコマさん!」
アカジバニャン「妖怪戦隊!」
ゴヨウカイ「ゴヨウカイ!」
妖怪戦隊ゴヨウカイの参上共に、彼らの後方で爆発が起き、さらに空には赤、青、黄色、緑、ピンクの5色の花火が撃ち上がった。
イナホ「戦隊もの、キタコレ〜〜〜〜〜!!」
ケータ「てかコアラニャンが喋った!しかもクールになってるし!」
不思議なことに、ミドコアラニャンとなったコアラニャンは喋れる上に、クールな性格になったのだ。
コマじろう「兄ちゃんがピンク枠なのがちょっと違和感あるズラ・・・。」
クイーンブラッド「変身したくらいで良い気になるな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
クイーンブラッドは手から出した粒子で複数のカイマトロールを生み出した。
アカジバニャン「ゴヨウカ〜〜〜〜イ!」
ゴヨウカイ「ゴー!!」
ゴヨウカイの5人はクイーンブラッド率いるカイマトロール軍団に立ち向かった。


アカジバニャン「ジバニャンブラスター!!」
アカジバニャンは光線銃・ジバニャンブラスターによる射撃でカイマトロールをどんどん撃ち倒した。
ミドコアラニャン「コアラニャンソード!!」
ミドコアラニャンは長剣・コアラニャンソードによる斬撃でカイマトロール達を鮮やかなに斬り倒した。
ミドコアラニャン「つまらぬ物を斬ってしまった・・・。」
ケータ、イナホ、コマじろう「く、クールだ(ズラ)・・・。」
アオフユニャン「てや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
アオフユニャンは飛行能力とアクロバティックな動きを活かした連続手刀攻撃でカイマトロール達を圧倒した。
キUSAピョン「どすこいダニ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
キUSAピョンは強烈な突っ張り攻撃でカイマトロールをどんどんぶっ飛ばした。
モモコマさん「コマさんアロー!!」
モモコマさんは弓のコマさんアローから矢の形をしたひとだまによる連続撃ちでカイマトロールをどんどん撃ち倒した。
イソップ「す、すごい・・・。」
爆太郎「熱いなぁゴヨウカイのヤツら!」
バハムート「妖怪のみなさんもがんばっています!我々も反撃をしましょう!」
ハンター達「了解!!」
バハムート率いるエースハンター達もゴヨウカイの活躍で再び奮い立ち、怪魔軍団に反撃を開始した。

アカジバニャン「ゴヨウカイハリケーンだニャン!」
とアカジバニャンが叫ぶと、モモコマさんがラグビーボール型のゴヨウカイ最強の武器・ゴヨウカイボールを取り出した。
モモコマさん「行くズラよ!キUSAピョン!」
キUSAピョン「任せるダニ!ミドコアラニャン!」
ミドコアラニャン「OK!アオフユニャン!」
アオフユニャン「オーライ!」
ゴヨウカイのみんなはどんどんパスを繋げていった。そして・・・
アオフユニャン「アカジバニャン、クラウディングトライだ!」
アカジバニャン「OKニャン!エンドボール!!」
キッカーのアカジバニャンがアオフユニャンが地面に抑えているボールを思いっきり蹴り、ボールは赤い閃光となってクイーンブラッドに直撃した。
クイーンブラッド「ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」

ケータ「いいぞ!クイーンブラッドに相当ダメージを与えたぞ!」
アカジバニャン「トオル!トドメをさすニャン!」
マンセブン「すまない!クイーンブラッド、覚悟しろ!」
ダブルブレス「ダブルソウル、MAXチャージ!!」
マンセブン「受けてみよ!正義と希望と全力の!ベータスラッガーインパクト〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
クイーンブラッド「ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
光の剣の部分がさらに伸びたベータスラッガーサーベルの一撃が、クイーンブラッドにトドメをさした。
勇太郎「やったあ!」
ブレイズ「いいぞトオル!」
バハムート「お見事です。」
マンセブン「フェアリーパラダイスを襲ったことを後悔するんだな・・・。」
クイーンブラッド「ゲへへ・・・。これで勝ったと思うなよ怪魔ハンターのクソガキ共・・・。今、京都の町では・・・別の大軍団が・・・。」
マンセブン「何っ!?」
クイーンブラッド「うっ!!があぁ・・・キィィィエ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
京都が襲われていることを言い残し、クイーンブラッド苦しみの末に大爆発した。
ケータ「そんな!やっとクイーンブラッドを倒したのに、別の軍団が京都を襲っているなんて!」
アカジバニャン「このままじゃ美花子ちゃんやシロナちゃん達が危ないニャン!」
マンセブン「裏をかかれたということか・・・クソっ!」
ついに強敵ミスルビー改め、クイーンブラッドを撃破したマンセブン達。
だがゲルーズの別の軍団が総本部がある京都に襲来する。果たして待機しているウィスパーや美花子達は耐えきることができるのであろうか?




つづく




<次回予告>
京都の町や人々を襲うゲルーズの怪魔大軍団!美花子達は迎え撃つもかなりの数の怪魔に苦戦を強いられてしまう!マスター・ケイ子の祈りが届く時、ドラえもん達藤子オールスターズが京都の町に舞い降りる!

次回、SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)

F組の総突撃

セレクトせよ!最強のヒーローチームを!




■作家さんに感想を送る
■作者からのメッセージ
次回はついにドラえもん達F組のみんなが特別参戦!
でもその前に次回作のスーパー妖怪ロワイヤルの味方キャラを紹介します!
さらにその次は敵キャラを紹介します!お楽しみに!

ryoさん
お言葉ですが、クズな悪役であるミスルビーやブリゴザならともかく、サタンエンマがクロノスに無様にトドメをさされるのは僕のプライドが許さないので却下します。それとあなたが妖精が嫌いなのは知っていますし、僕も今作に妖精という新しい可能性を取り入れたことを薄々後悔しています。そこは申し訳ないと思っています。
でもだからと言って、前回のコメントの「フェアリーパラダイスなどどうなってもいいから」というセリフはさすがにひどいと思います!後悔している僕が言うのもなんですが、種族は違えど妖精のみんなも同じゲルーズに立ち向かう仲間なのです!ヒーローや妖怪を応援する人なら、あんなひどいことを書いたり言ったりしないでください!次から気を付けてください。

ハーレムさん
前から気になっていましたが、ステージ18の舞台は舞台パンではなく、サイパンですよ。
テキストサイズ:7122

■作品一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.