ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

新SDヒーロー&妖怪ウォッチ オール平成ライダーと大江戸妖怪英雄伝 ステージ22:最強(?)コンビ再び!
作者:カネゴン   2019/02/07(木) 19:05公開   ID:1SHiiT1PETY
≪黒ウォズによる前回のあらすじ≫

黒ウォズ「この本によれば、普通の高校生・常磐ソウゴ、彼には、魔王にして時の王者、オーマジオウとなる未来が待っていた・・・。江戸時代から帰還した我が魔王とゲイツくんはあらゆるライダーアーマーに装着し、そのモデルとなったライダー達と共闘し、バハムートナイツの再生怪人軍団を次々と撃破していきました。序盤からこの盛り上がり!ですがどうやらこの最終決戦、さらにおもしろいことになりそうです・・・。」






新SDヒーロー&妖怪ウォッチ
オール平成ライダーと大江戸妖怪英雄伝


ステージ22:最強(?)コンビ再び






バハムートナイツの再生怪人軍団と激しい戦いを繰り広げるヒーローや妖怪達。すると・・・

御成「タケル殿〜!!」

シブヤ「タケルさ〜ん!」

ナリタ「タケル〜!」

ポッピー「永夢〜!」

美空「戦兎、みんな!」

風麺マスター「翔ちゃ〜ん!」

比奈「映司くん!」

大杉「弦太郎〜!」


そこへ大久保大介、風麺マスター、比菜、大杉先生、御成、シブヤ、ナリタ、ポッピー、美空が駆け付けた。

龍騎「編集長!」

W(翔太郎)「マスター!」

オーズ「比奈ちゃん!」

フォーゼ「大杉先生!」

ゴースト「御成!シブヤ!ナリタ!」

エグゼイド、ゲンム「ポッピー!」

グリス「みーたん!!」

大久保「真司!仲間、連れてきたぜ!」



大地「エックス〜〜〜〜!!」

≪エックス、ユナイテッド!≫

葦原、北岡「変身!」

草太郎「ガオアクセス!」

ガオブラック「鋼の猛牛!ガオブラック!」

一甲「迅雷!忍チェンジ!」

カブトライジャー「「深紅の稲妻!角忍、カブトライジャー!」

≪レッツモーフィンタァイム!≫

ヨーコ「レッツモーフィン!」

イエローバスター「イエローバスター!」

大久保達が連れてきたのは、ウルトラマンエックス、仮面ライダーギルス、仮面ライダーゾルダ、ガオブラック、カブトライジャー、イエローバスターであった。しかも彼らは紅白歌合戦2018に参戦した一部の歌手達と中の人が一緒なのである。ちなみにゼロやエクシア、マモっしーにマモペローナの宮野真守のその紅白に出演した。

エックス(本人)「我々も行くぞ!」

エックス達も怪人軍団に立ち向かった。


エックス(大地)「頼むぞゴモラ!」

≪サイバーゴモラアーマー、アクティブ!≫

エックスはサイバーゴモラのカードで、ゴモラの力が宿った鎧・サイバーゴモラアーマーを装着し、両腕のクローによる連撃で怪人達を圧倒した。

エックス(大地)「この力も使うか!」

≪サイバーカネゴンアーマー!アクティブ!≫

次にエックスはサイバーカネゴンのカードで、カネゴンの力が宿った鎧・サイバーカネゴンアーマーを装着した。右腕にはカネゴンの顔が装備されている。

エックス(大地)「カネゴンクリーナー!!」

エックスはカネゴンの大きな口で怪人を5体まとめて吸い込んだ。
さらに吸い込んだ怪人達を人形にして吐き出し、吹き飛ばした。


ギルス「オレ達も行くか!」

ガオブラック「おうよ!」

カブトライジャー「ああ!」

ゾルダ「こういうゴチャゴチャした戦いは好きじゃない。」

ガオブラック「どすこーい!!」

ギルスはヒールクロウによる斬撃、ゾルダはマグナバイザーから発射されたビーム弾、ガオブラックは自慢の相撲戦法とバイソンアックスによる斬撃、カブトライジャーは雷丸による連撃で怪人軍団を蹴散らしていった。


イエローバスター「これ以上バハムートナイツの好きにさせるなんて、ブッブーですわ!」

ジェガン「まさかのダイヤ様!?」

ラブライブサンシャインのダイヤのモノマネをしつつ、イエローバスターは自慢のジャンプ力を活かしたキックやイチガンバスターによるビーム乱射で怪人軍団を圧倒した。


ゼロ「オレ達も負けてられないぜ、行こうぜみんな!」

エクシア「了解した!」

エクシアっしー「もっしー!」

マモペローナ「うん!」

宮野真守キャラ達も快進撃を開始した。
ゼロは2本のゼロスラッガー、エクシアとエクシアっしーはGNソード、マモペローナはサーベルによる乱撃で怪人達をどんどん切り倒していった。


ポッピー「変身!」

≪バグルアップ!ときめきクライシス♪≫

ポッピーはバグバイザーUにときめきクライシスガシャットを装備し、
仮面ライダーポッピーに変身した。さらにポッピーはゲンムに近づいた。

ポッピー「黎斗、今回も一緒に戦お!」

ゲンム「檀黎斗王だ!でもまあいいだろう。」

ゲンムはしぶしぶポッピーと共闘した。
ゲンムとポッピーはダブルライダーキックを炸裂し、怪人軍団を粉砕した。


さらに・・・

ペガ「リク〜!」

アサヒ「カツ兄、イサ兄!」

ブースカ「バラサバラサ〜!」

ペガッサ星人のペガ、カツミとイサミの妹のアサヒ、ブースカにアンドロイドのマナも駆け付けた。

ジード「ペガ!」

ロッソ「アサヒ!」

ブル「ブースカ!」

ビクトリー「マナ!来てくれたのか!」

マナ「私達も仲間を連れてきた。」

≪ウルトラ〜イブ!ウルトラマンギンガ!≫

ヒカル「ギンガ〜!」

ガイ「ウルトラマンさん!ティガさん!光の力、お借りします!」

オーブリング「フュージョンライズ!ウルトラマンオーブ!スペシウムゼぺリオン!」

ギンガとオーブの2大ウルトラマンも駆け付けた。

ビクトリー「ヒカル!」

エックス(大地)「ガイさん!」

ギンガ「みんな、待たせたな!オレ達も一緒に戦うぜ!」

オーブ「闇を照らして、悪を撃つ!」


ギンガとオーブもバハムートナイツとの最終決戦に参加した。

ギンガ「ギンガセイバー!」

ビクトリー「力を貸してくれ、シェパードン!」

ギンガはギンガセイバー、ビクトリーはシェパードンセイバー、それぞれの剣を装備し、怪人達をどんどん切り倒していった。

オーブ「シェア!」

一方のオーブはエックスに加勢し、チョップやキックをどんどん炸裂した。

オーブ「行くぞ大地!」

エックス(大地)「はい!」

エックス(大地)、オーブ「メガキズナ光線!!」

エックスとオーブは合体技・メガキズナ光線を発動し、怪人軍団を粉砕した。


一方、ビルド、クローズ、グリス、ローグ、ジオウ、ゲイツの前に、
3体の新種のダミーアナザーライダーが出現した。
なんとアナザーエボル、アナザーブラッド、アナザーキルバス、
ブラッド族のライダーをベースにした3体であった。

クローズ「今度はエボルト達のダミーアナザーライダーかよ!」

ビルド「とにかくやるぞ!」

アナザーエボル達3体のダミーアナザーライダーに立ち向かうビルドやジオウ達。だが3体共すさまじいパワーの持ち主であり、6人ライダーは手も足も出なかった。アナザーキルバスのクモの足の形をした2本のソードによる斬撃、アナザーブラッドの手から放たれた衝撃波、そしてアナザーエボルのライダーキックが6人に炸裂した。

ゲイツ「何なんだこいつらの力は!?」

ジオウ「強すぎる・・・!」

???「苦戦しているみたいだなぁ。」

ビルドライダーズ「この声はまさか!」


なんとそこへビルド達の宿敵・エボルト(完全体)が現れたのだ。

ジオウ「その声確か・・・。」

エボルト「この姿では初めましてだなぁジオウ。」

クローズ「エボルト、テメー!なんだまた来たんだよ!?」

エボルト「ただおもしろそうだったからちょっくら寄っただけだよ。それにオレと同じブラット族のニセモノが相手みたいだなぁ。倒しがいがあるじゃなねぇか!今回も手を貸すぜ!」

クローズ「ケッ!仕方ねぇな!」


こうして6人ライダーはエボルトを加え、3体のダミーアナザーライダーに再度立ち向かっていった。

まずはグリス、ローグ、ゲイツとアナザーギルバスのバトル。

ビルド「一海、幻さん!これを!」

ビルドはグリスにグリスブリザードナックル、ローグにプライムローグフルボトルを投げ渡した。しかもビルド曰く、今回のブリザードナックルは使用後、変身者が消滅しないよう改良を施されているとのこと。

グリス「感謝するぜ、戦兎!」

ローグ「ここからが本領発揮だ・・・!」

≪激凍心火!グリスブリザード!ガキガキガキガキ! ガキーン!≫

≪大義晩成!プライムローグ!ドリャドリャドリャドリャ!ドリャー!≫

グリスはグリスブリザードナックルを使いグリスブリザードに、
ローグはプライムローグフルボトルを使い、プライムローグへと強化変身した。

グリス「心火を燃やしてぶっ潰す!」

ローグ「大義のための犠牲となれ!」

グリスはグリスブリザードナックルを駆使した冷凍パンチ、プライムローグは軽やかな回し蹴りがアナザーキルバスを圧倒した。

≪アーマータイム!ウェイクアップドラゴン!クローズ〜!≫

一方のゲイツもクローズアーマーを装着し、強烈な連続格闘攻撃でアナザーキルバスを追い詰めた。

クローズ「畳みかけるぞ!」

グリス、ローグ「ああ!」

≪シングルアイス!ツインアイス!グレイシャルフィニッシュ!バキバキバキバキ!バキーン!グレイシャルフィニッシュ!≫

≪ガブッ!プライムスクラップブレイク≫

≪フィニッシュタイム!クローズ!ドラゴニックタイムバースト!≫

グリス、ローグ、クローズのトリプルライダーキックが炸裂し、アナザーキルバスは大爆発した。


次はビルド、ジオウとアナザーブラッドのバトル。

≪オーバーフロー!紅のスピーディージャンパー!ラビットラビット!ヤベーイ!ハエーイ!≫

≪ファイナルフォームタイム!ダ・ダ・ダ・W!≫

ビルドはフルフルラビットタンクボトルを使いラビットラビットフォームに、
ジオウはディケイドライドウォッチとWライドウォッチを使いW(ファングジョーカーの力を宿したディケイドアーマーWフォームへと強化変身した。

ビルド「勝利の法則は決まった!」

ジオウ「なんだかいけそうな気がする!」

パワーアップしたビルドとジオウのスピーディーな連携攻撃がアナザーブラッドを手こずらせた。

ゲイツ「ジオウ!こいつを貸してやる!」

するとゲイツがウィザードライドウォッチをジオウに投げ渡した。

ジオウ「ありがとゲイツ!」

≪ファイナルフォームタイム!ウィ・ウィ・ウィ・ウィザード!≫

次にウィザードライドウォッチを使い、ウィザード(オールドラゴン)の力を宿したディケイドアーマーウィザードフォームに強化変身した。背中には翼、両腕には大きな爪、さらにしっぽも付いている。

≪ラビットラビットフィニッシュ!≫

≪フィニッシュタイム!ファイナルアタックタイムブレーク!≫

ビルドとジオウの炎をまとったダブルライダーキックがアナザーブラッドにトドメをさし、アナザーブラッドは大爆発した。


そしてクローズ、エボルトとアナザーエボルのバトル。
クローズとエボルトは代わる代わるに攻撃を続け、アナザーエボルと互角の肉弾戦を繰り広げた。

エボルト「一気に片を付けるか!おい万丈!オレの力、貸してやるぜ!」

と言って、エボルトはクローズに憑依した。

クローズ「言われなくても片付けてやるよ!変身!」

≪銀河無敵の筋肉ヤロー!クローズエボル!パネーイ!マジパネーイ!≫

クローズはマッスルギャラクシーフルボトルを使い、エボルトが憑依している時に変身できる最強の姿・クローズエボルへと強化変身した。
クローズエボルはパワーアップしたパンチやキックをどんどん繰り出し、アナザーエボルを追い詰めた。

クローズ「愛と平和を胸に戦うオレは、負ける気がしねぇ!」

≪マッスルギャラクシーフィニッシュ!≫

クローズエボルは超強力なライダーキックがアナザーエボルをぶっ飛ばし、
アナザーエボルはぶっ飛ばされながら大爆発した。


こうしてブラッド族のダミーアナザーライダーは全滅した。
するとクローズに憑依していたエボルトがクローズから分離した。

エボルト「さて、オレのニセモノも倒したことだし、この辺りでリタイヤさせてもらうぜ。じゃあまたな。チャオ☆」

エボルトは宇宙の彼方へと飛んでいった。
クローズは空を見上げながらこう言った。

クローズ「協力するなら最後まで一緒に戦えっつーの。」




つづく




<次回予告>

バハムートナイツの被害にあった妖怪達はヒーロー達と共に、スパローやフォックスを迎え撃つ!だがその2人はより強力なダミーアナザーライダーへの2段変身という切り札を隠し持っていた!しかしそれは消滅を覚悟した諸刃の剣でもあった!

次回、新SDヒーロー&妖怪ウォッチ

恨みを絆に

すべてを破壊し、すべてを繋げ!




<おまけ>
ステージ22のイメージ挿入歌紹介


ステージ22
刀剣乱舞〜出陣!
元作品:刀剣乱舞

プロポーズ
元歌:純烈

君の心は輝いているかい?
元作品:ラブライブサンシャイン

GO AHEAD〜すすめ!ウルトラマンゼロ
元作品:ウルトラマンゼロクロニクル

PEOPLE GAME
元作品:仮面ライダーエグゼイド

Hope The Youth
元作品:ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル

CROSS
元作品:ビルドNEW WORLD 仮面ライークローズ





■作家さんに感想を送る
■作者からのメッセージ
また後で修正を加える予定です。
今回の紅白歌合戦の中の人ネタ、さらにエボルトやクローズエボルなどの
サプライズ参戦はいかがでしたか?
さて次回はスパローやフォックスとの決着回!お楽しみに!

ryoさん
ジオウの龍騎編はもちろん見ました。まさかタイムジャッカー版の
アナザーリュウガがあんな防御能力を使うとは想定外でした。
ドーベルが変身するアナザーリュウガにもあんなチート能力を加えると、
攻略がむずかしくなり、せっかく考えたストーリーに支障をきたす恐れがあります。でもあなたがどうしてもというのなら、取り入れようかと思いますが、
いかがなさいますか?
テキストサイズ:10k

■作品一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.