ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

新SDヒーロー&妖怪ウォッチ フォーエバーベストヒーローズ ステージ7:GBNを取り戻せ!集まれ、最強のガンダム達!
作者:カネゴン   2019/03/21(木) 00:45公開   ID:1SHiiT1PETY
<前回のあらすじ>
ついに白銀のカラス最後の砦・ビグザムコロニーへとたどり着いたトライファイターズやビルドダイバーズ達。激戦の最中、エース機をどんどん撃破していく。だがそこへマムのゲルグンジュがグレードアップしたパワードエルメス、さらに暴走したゲームマスターがモビルチェンジしたデビルカラミティガンダムまでも出現したのであった。






新SDヒーロー&妖怪ウォッチ
フォーエバーベストヒーローズ


ステージ7:GBNを取り戻せ!集まれ、最強のガンダム達!






ライトニングやジェガンブラストマスター達は洗脳されたゲームマスターを救うため、彼がモビルチェンジしたデビルカラミティガンダムに立ち向かった。

デビルカラミティ「忌々しい愚民共めぇぇぇぇぇ!!」

デビルカラミティは2連装のビーム砲が付いた無数の触手からビームを雨のように発射し、ライトニング達を苦しめた。

デビルカラミティ「次はこれだ!デビルフィンガーキャノン!!」

今度は背部に2門付いており、デビルガンダムとデビルフィンガーとカラミティガンダムのビーム砲シュラークが合体したデビルフィンガーキャノンから緑と黒の2色の特大ビーム砲を発射し、ライトニング達を吹き飛ばした。

ライトニング、ジェガンなど「うわぁぁぁぁぁ!!」

デビルフィンガーキャノンで大ダメージをくらったものの、ライトニング達はあきらめず、再び立ち上がった。

ライトニング「まだまだだ・・・!」

ジェガン「ゲームマスターを持ちに戻してみせる!」

モモカプル「そうそう!ゲームマスターだって根は良い人なんだから!」

デビルカラミティ「生意気なことを!トドメだぁぁぁぁぁ!!」

さらに容赦なく追撃を仕掛けるようとするデビルカラミティ。
するとどこからか発射されたビーム砲をくらってしまう。

デビルカラミティ「ぐわっ!何者だ!?」


そこへ現れたのは青いボディーと翼のガンダムAGE‐3のカスタム機・ガンダムAGE-3スワローであった。

ガルバルディ「ガンダムAGE-3!?」

AGE‐3スワロー「みんな、私も援護するわ。」

零丸「どうやら味方みたいね!」

オーネスト「ん?この声もしかして・・・。」

デビルカラミティ「何人増えても同じだ〜!!」

より怒り狂ったデビルカラミティは無数の触手からビームを乱射。
だがAGE-3スワローを自慢の飛行能力で華麗にかわした。

AGE-3スワロー「行きなさい、Cファンネル!!」

AGE-3スワローは翼からCファンネルを射出し、デビルカラミティの触手を次々と切断した。さらに右腕のビームサーベルによる斬撃、左腕のシグマシスキャノンによる砲撃で、デビルカラミティのデビルフィンガーキャノンを2門とも使用不能にした。

速式「強い・・・。」

AGE-3スワロー「これで決める・・・!」

そしてトドメにAGE-3スワローのシグマシスキャノンの先端を6基のCファンネルが輪っかを描くように囲み、エネルギーがチャージされた。

AGE-3スワロー「シグマシスキャノン・スーパーバーストモード!!」

Cファンネルの力を加えた超ビーム砲を発射したAGE-3スワロー。

デビルカラミティ「ぐおぉぉ!!おのれこしゃくな!」

だがデビルカラミティはダメージを受けつつ、耐えていた。

スターウイニング「なんてタフな機体なの!?」

ジムカスタム「オレ達も援護するぞ!」

トライデントO「はい!」

AGE-3スワローを援護すべく、ライトニング達はビームや実弾をデビルカラミティ目掛けて一斉に発射した。これにはさすがのデビルカラミティもひとたまりもなかった。

デビルカラミティ「ぐっ・・・ぐわぁぁぁぁぁ!!」

集中砲火をくらい、ついにデビルカラミティは大爆発した。
その爆発の中からゲームマスターが吹き飛ばされた。
それを飛んでキャッチするジムカスタム。すると彼はゲームマスターの頭部にチップ型の小型洗脳システムを見つけ、それを外し、握りつぶした。

ジムカスタム「これで洗脳も解けるだろう。」

一方、AGE-3スワローはモビルチェンジを解除し、その正体を披露した。
なんと彼女の正体はリル達と同じルリグにして、初代ピルルクであるコード・ピルルクであった。

リル「やっぱりあなただったのね。」

メル「来てくれてありがとう。あなたもこの世界に導かれたの?」

ピルルク「そういうこと。」

実はピルルクも場所は違うとはいえ、サラ達の強い想いにより、GBNへと召喚され、彼女も白銀のカラスと戦っていたのだ。


次はカミキバーニングとギャンウイングのバトル。

カミキバーニング「うおぉぉぉぉぉ!!」

ギャンウイング「はあぁぁぁぁ!!」

カミキバーニングの炎の剣、ギャンウイングのビームサーベルによる火花散る激しい戦いが繰り広げられていた。

ギャンウイング「行け、シールドファンネル!!」

ギャンウイングは3基のシールドファンネルを射出し、カミキバーニング目掛けてビームを一斉に発射した。だがカミキバーニングはそれをかわし、炎の剣でシールドファンネルを斬り、破壊した。

ギャンウイング「何っ!?」

カミキバーニング「これで決めるぜ!次元覇王流・流星螺旋拳!!」

ギャンウイング「ぐわぁぁぁぁぁ!!」

カミキバーニングは拳をドリルのように回転した必殺パンチをギャンウイングにトドメをさした。

ギャンウイング「うぅ・・・。さすがはカミキ・セカイ・・・。貴様と戦えて光栄だったぞ・・・。」

と言ってギャンウイングは大爆発した。
するとカミキバーニングはこうつぶやいた。

カミキバーニング「オレもアンタと戦えて楽しかったぜ。アンタが悪人じゃなきゃもっと楽しかったけどな。おっといけね!リクの加勢に行かねぇとな!」


そしてダブルオースカイとパワードエルメスのバトル。

ダブルオースカイ「(リク)うわぁぁぁぁぁ!!」

ダブルオースカイはパワードエルメスの両腕部のビームトライデントアームによる連撃や大型のフェザーファンネルによる集中砲火に苦戦していた。
対するダブルオースカイもビームライフルやロングライフルによる射撃で応戦するも、パワードエルメスには効果がいまひとつであった。

ダブルオースカイ(サラ)「リク、大丈夫!?」

ダブルオースカイ(リク)「うん、平気さ!」

パワードエルメス「フンッ!その程度でGBNを取り戻そうなどと笑わせる。」

ダブルオースカイ(リク)「これくらいであきらめるか!必ずGBNを取り戻してみせる!」

パワードエルメス「ほざけ青二才が!」

???「そこまでだ!」

パワードエルメス「ん?」

ダブルオースカイ「この声はまさか!」

刹那「刹那・F・セイエイ、ダブルオークアンタ、出る!」

ヒイロ「ヒイロ・ユイ、ウイングガンダムゼロ、出る!」

キラ「キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!」

三日月「三日月・オーガス、ガンダムバルバトスルプスレクス、出るよ!」

ダブルオースカイ絶体絶命のピンチに、なんとウイングゼロ、フリーダム、ダブルオークアンタ、バルバトスルプスレクスの4大ガンダムも駆け付けて来た。

ダブルオースカイ(リク)「ヒイロ!キラ!刹那!三日月!」

フリーダム「リク、遅れてごめん!」

バルバトス「大丈夫?」

ダブルオークアンタ「オレ達でヤツを駆逐するぞ!」

ウイングゼロ「白銀のカラスの破壊、それがオレ達共通の任務だ。」

ダブルオースカイ(リク「ありがとうみんな!」

カミキバーニング「お〜い!待たせたな!」


さらにギャンウイングとの決着を付けたカミキバーニングも合流し、
パワードエルメスに最後の戦いを挑んだ。
ウイングゼロの2丁のバスターライフル、フリーダムのビームキャノン、ダブルオークアンタのGNソード、バルバトスのメイス、カミキバーニングの格闘技、ダブルオースカイのバスターソードによる代わる代わるの連携攻撃がパワードエルメスにどんどん炸裂した。

パワードエルメス「プラズマメガ粒子砲を受けてみよ!」

パワードエルメスは前方の発射口にエネルギーをチャージし、最大の武器・プラズマメガ粒子砲を発射しようとした。

ダブルオースカイ「ハイヤーザンスカイフェイズ!!」

対するダブルオースカイはトランザムインフィニティーの限界状態であるハイヤーザンスカイフェイズを発動し、ロングライフルを巨大な弓矢・ハイパースカイシューティングへと変えた。

ダブルオークアンタ「オレ達の力を!」

カミキバーニング「使ってくれて!」

さらにそこにカミキバーニング達5機のガンダムのパワーが注入された。

ダブルオースカイ「行っけぇぇぇぇぇ!!」

パワードエルメス「6機まとめチリにしてやる!!」

ダブルオースカイはハイパースカイシューティングから七色の光の鳥、パワードエルメスがプラズマメガ粒子砲を発射し、ぶつかり合った。
その末、ダブルオースカイ達の光の鳥が押し返し、そのままパワードエルメスのボディを破壊した。

ダブルオースカイ(リク、サラ)、カミキバーニング「やったあ!あれ?」

ゲルグンジュ「図に乗るな!」

だがパワードエルメスが破壊されても、コアユニットであるゲルグンジュは脱出していた。ゲルグンジュはビームナギナタを装備し、ダブルオースカイ達目掛けて突撃していった。

カミキバーニング「今度こそ!」

ダブルオースカイ(リク)「決めてやる!」

ダブルオースカイはバスターソード、カミキバーニングは炎の剣を構え、ゲルグンジュ目掛けて突撃していった。

ダブルオースカイ(リク)、カミキバーニング「どりゃぁぁぁぁぁ!!」

ゲルグンジュ「ぐおっ!?」

2大ガンダムの同時斬りがゲルグンジュにトドメをさした。


ダブルオースカイ(リク)「はぁ、はぁ・・・。」

カミキバーニング「やったなリク!」

ゲルグンジュ「ふっふっふっ・・・。」

だがボロボロの状態にも関わらず、ゲルグンジュは不敵な笑いをしていた。

ゲルグンジュ「見事だガンダム諸君・・・。だがこれで勝ったよ思うなよ・・・。この地球、そして宇宙すら震撼させる恐怖と絶望のショータイムは・・・もうじき始まる・・・!」

と言い残し、ゲルグンジュは大爆発した。


ついに白銀のカラスを倒したリクやセカイ達。
戦いは終わり、一同はモビルチェンジを解除した。

ユッキー「お〜い!りっく〜ん!」

フミナ「セカイく〜ん!」

そこへ同じくモビルチェンジを解除したユウマ達もやって来た。
しかもゲームマスターも無事正気に戻っていた。

ゲームマスター「話は聞かせてもらった。ありがとう、リクくん、みんな!」

リク(BD)「ゲームマスター!御無事で何よりです!」

テル「オレからも礼を言わせてくれ!君達のおかげで、白銀のカラスを倒すことができた!君達と共に戦えて、オレは誇りに思うよ!」

リク(BD)「な、なんだか照れるなぁ・・・。」

リク(BD)、セカイ、照るの3人は握手をした。


その後、現実世界にて、エゥーゴやザフト・オーブ同盟は白銀のカラスの本拠地の発見し、マム達メンバー全員の確保に成功した。
さらにテルも今回の戦いの功績が認められ、少尉から大尉へと昇格した。




だが宇宙に浮かぶ一隻の大型戦艦・ギガントスパイダーの船内では

ビシュム「まさか白銀のカラスがやられてしまうとは・・・。」

クロネコ怪人「失うには惜しい駒でしたね。」

中には白いフードに身を包んだビジョ・大神官ビシュムと黒髪に黒猫コスチュームの女の子・クロネコ怪人の2人がいた。さらに甲殻類を思わせる黒い鎧を身に付けたヨロイ元帥2世もいた。

ヨロイ元帥2世「どうやら我々キングショッカーがついに地球征服に本腰を入れる時が来たようだなぁ。我々の真の恐ろしさを目障りなヒーロー達に重い知らせやろうぞ!!」

彼はなんと、宇宙征服を企む最強最悪の大組織キングショッカーであった。
しかも白銀のカラスはキングショッカー直属の精鋭部隊の1つに過ぎず、
GBNでの戦いは、もうじき開始されるキングショッカーとの戦いの序章に過ぎなかったのだった。




つづく





<次回予告>

ソウゴ「やぁみんな!オレはソウゴ!ついにキングショッカーが地球征服を開始しちゃった!そんな中、オレ達は電太郎っていう青年と出会ったんだ!しかも見たことない怪人や新手のタイムジャッカー、無表情の女の子まで現れてもうめちゃくちゃだよ〜!次回、新SDヒーロー&妖怪ウォッチ!キングショッカー戦勃発!謎の2大ライダーの秘密とは!?」

ツクヨミ「まさかあの人達も未来ライダー?」




<おまけ>
ステージ1〜7のイメージ挿入歌


ステージ1
INFINITY
元作品:ガンダムブレイカー


ステージ2
セルリアン 
元作品:ガンダムビルドダイバーズ

Gravitation 
元作品:とある魔術の禁書目録V

starry
元作品:グランクレスト戦記


ステージ3
killy killy JOKER
元作品:selector infected WIXOSS

Diver's High
元作品:ガンダムビルドダイバーズ


ステージ4
悪の3兵器
元作品:機動戦士ガンダムSEED

Moment(MBスペシャルカバーバージョン)
歌:コウサカ・ユウマ(CV内田雄馬)、神通(CV金元寿子)
元作品:機動戦士ガンダムSEED


ステージ5
みくみくにしてあげる
歌:初音ミク

残酷な天使のテーゼ
元作品:新世紀エヴァンゲリオン

進化理論
元作品:新幹線変形ロボ シンカリオン


ステージ6

元作品:グランクレスト戦記

Lostorage
元作品:Lostorage incited WIXOSS

鳥籠の少年
元作品:CRフィーバー機動戦士Zガンダム


ステージ7
UNLOCK
元作品:Lostorage conflated WIXOSS

Just Fly Away
元作品:ガンダムビルドファイターズトライ

Infinity
元作品:ガンダムビルドダイバーズ





■作家さんに感想を送る
■作者からのメッセージ
ガンダムルートのラストはいかがでしたか?
Gジェネクロスレイズ発売直前記念にウイングゼロ、フリーダム、ダブルオークアンタ、バルバトスの4機、さらにWIXOSSの初代ピルルクをサプライズ参戦させました!さて次回からライダー戦隊ルートのスタートです!
仮面ライダーとスーパー戦隊のコラボはもちろん、どきどき参戦する未来ライダーの活躍にも注目してください!
テキストサイズ:10k

■作品一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.