ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

【SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン  ステージ9:カーブラ高原SOS 】の感想

■作品に戻る ■一覧に戻る ■削除・編集

感想の投稿に関しての注意

■注意事項
トップの規約でも触れていますが、感想での明らかに作家さんを煽る行為や誹謗中傷は厳禁とさせて頂いております。

作家さんへの感想は作品への忠告や指摘まではかまいませんが、作品及び作者への誹謗中傷や、クロスの力の対比に対する不満、また一方への肩入れからくる活躍への怒りなどは、荒らしの温床となりうると判断し対処させて頂く場合がございます。
しかし、作家さん、読者さま、そのどちらにも肩入れするものでもありません。
作家さんにも問題があると判断した場合、ご本人の改善も要求します。
まずは削除依頼を出す前に、何が原因でそうなっているかをご自身でお考え下さい。
最終的に荒らしか荒らしでないかは、管理サイドの判断でさせて頂きます。
これらのことから、作家さんからの要求があった場合のみ削除を検討しますが、必ず対処される訳ではないことを、あらかじめご了承下さい。

■最後にお願い
投稿される作家さんも、閲覧される読者様も、ルールとマナーを守って節度ある行動をお願いします。


No.3   投稿者:ハーレム王(PN)   投稿日:2017-04-13 00:04:58   ID:K0PAnh1TB0A
コメント遅れてすみません。面白かったです。今回もスーパーヒーローたちが大活躍!そして、冒頭の銀魂音頭風の奴が面白かったです。次回も楽しみです。

No.2   投稿者:ryo   投稿日:2017-05-18 21:56:24   ID:f45c.nc4Uu2
遅くなり申し訳ございません。今回の話はオーブ達がディケイド達と力を合わせてギャラクトルーパーと戦うという話でしたね。でも影絵はギャラクトルーパーにしてほしかったですね。ガヴァドンは一瞬だけで何も活躍してないので。次回はチームジャグラーが立ちはだかる!一体どんな奴らを率いているのでしょうか?楽しみです。
おそ松「大変だ大変だ!」カラ松「今度はお前かおそ松・・一体どうしたというんだ?」おそ松「一松がいないんだよ!」六つ子「えええええええ」トド松「もしかして、カーブラ高原へ行ったんじゃ!?」チョロ松「そういえばコスモスの鏑矢諸島とポケモン映画のネーデル高原がモデルって言ってたね。・・ってちょっと待て!どこのポケモン映画!?そこだけは明確に説明してくださいよカネゴンさん!」十四松「ガヴァドンなんかしたー?」おそ松「いや、なにもしてないよー」カラ松「何もしてないのに今回のサブタイのシルエットがお前など言語道断!ギャラクトルーパーに譲れ」チョロ松「いやそんなことより!一松探そうよ!」
そして夜の道
おそ松「おーい!一松ー!」チョロ松「いるなら返事してくれー!」トド松「一松兄さーん!」十四松「こんな時近くにナッシーがいてくれたらな〜」カラ松「む?あのニャースは・・」ニャース「そこのチームオーブと色がかぶってるおみゃーら!」チョロ松「いや僕かぶってないから!風花ちゃんは白だから!」トド松「このチームの共通点はなんだろ?」ニャース「さっきジャリボーイにも言ったがニャビー・・あいつは今必死で頑張ってるにゃ!オーブ達のように!それだけ言いたかったにゃ!」おそ松「おい待てよ!一松の居場所は!・・行っちゃった」
そのころ一松
一松「まさか・・そんな・・」シアン「一松さん・・」一松「シアン・・ニャビーを一人にさせてやってくれ・・やはりどうせ俺は生きる価値のないゴミ・・」
翌日
ニャビー「おじいちゃん・・」一松「ニャビー・・辛いだろう・・俺だって同じさ・・ん?」万時屋「春だ!祭りだ!銀魂だ!あそーれ♪銀魂音頭でギンギンギン♪今年の夏は銀魂だ〜♪」神楽「ギンギン♪」銀時「タマタマ♪」新八「温暖化〜♪」万事屋「どんなに夏が暑くても〜♪」一松「・・・(手榴弾を投げ入れる一松)」新八「ん?なんですかこれ・・って手榴弾!?」銀時「オイィィィィ!誰だこんなん投げ入れた奴!」神楽「今すぐ捨てろよこんなん・・」万事屋「サヨナラー!」一松「チッ、ニャビーの爪の垢でも煎じて飲め」カキ「なんだなんだ!どうしたんだ!」仗助「銀さん達っすよ!誰かに爆殺されかけたぜこいつぁ!」
スイレン「誰がこんなひどいことを・・」マーマネ「許せないよ!」モア「犯人ぶっ殺すぴゅる〜!」仗助「いやそれはやりすぎだろ!」一松「やべー・・あの5人のカラーリング明らかにチームオーブ意識してる・・面倒なことになる前に逃げよう。そしてニャビーを心配しよう」仗助「さあ、銀さん達の敵を討つぜ!こっから挿入歌のステージだ!」
Journey through the Decade
元作品:仮面ライダーディケイド
さあ行け!ニンニンジャー
元作品:手裏剣戦隊ニンニンジャー
オーブの祈り
元作品:ウルトラマンオーブ
ニャビー「・・・おじいちゃん・・ニャァァァァァァーーー!」ロトム図鑑「ムーランドはどこロト?」ククイ博士「聞くな・・」一松、シアン「うっ・・(泣)」
斉木(やはり彼は・・寿命だったか・・)たま「はわわわ・・なんてことを・・」ミナエル「うるせーな!どうせ死にかけなんだからいいだろ!」ユナエル「そうだそうだー!第一目障りだったんだよ老いぼれのくせに生きてやがんの!」スイムスイム「そう。あいつはどっちみち死ぬ運命だった。だから恐怖におびえる前に食わせた。ルーラならきっとそうする」たま「お、恐ろしい・・」斉木(ほーお、なるほど。死体がなかったのは貴様らのせいか)ミナエル「なんだよてめー!」
斉木(お前たちに名乗る名などない)仗助「んだとォ!確かに聞いたぞコラァー!」スイレン「死にそうだから食べさせたって!」カキ「お前たちのやってることはゲルーズと同じだ!」モア「許せないぴゅる!」マーマネ「みんな、行こう!」斉木(、ここは僕にやらせてくれないか)スイレン「斉木くん!」斉木(奴らは生かしてはおけない存在だ。ゲルーズのようにな。何を考えてるか知らんが始末する)仗助「俺にもやらせてくれ!奴らのいう事からして銀さん達を爆ったのはこいつらだ!だから俺も敵を討つぜ!」モア「次回はジャグジャグが来るぴゅる!後苦労したことをつぶやきたかったからってあの他人の文句に聞こえる発言はやめた方がいいぴゅる〜モアとのお約束ぴゅる☆」カキ「つぶやきもしない方がいいな」
To.be.continued...⇒

No.1   投稿者:モナカ   投稿日:2017-04-10 20:38:03   ID:COZNiNEzsfI
ありがとうございます。
あなたの小説は面白いです。

関係ないですが、仮面ライダーポッピーは可愛いですが味方側についてほしいな…。

総レス数 3
感想記事編集  PASS 編集 削除

お名前(必須)
E-Mail(任意)
URL(任意) http://
メッセージ
削除用パス    Cookie 


■作品に戻る ■一覧に戻る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.