ここは全年齢対応の小説投稿掲示板です。小説以外の書き込みはご遠慮ください。

【SDヒーロー&妖怪ウォッチWS(ダブルソウル)サタンエンマと赤き英雄ウルトラマンセブン  ステージ5:出動!怪魔ハンター3人娘 】の感想

■作品に戻る ■一覧に戻る ■削除・編集

感想の投稿に関しての注意

■注意事項
トップの規約でも触れていますが、感想での明らかに作家さんを煽る行為や誹謗中傷は厳禁とさせて頂いております。

作家さんへの感想は作品への忠告や指摘まではかまいませんが、作品及び作者への誹謗中傷や、クロスの力の対比に対する不満、また一方への肩入れからくる活躍への怒りなどは、荒らしの温床となりうると判断し対処させて頂く場合がございます。
しかし、作家さん、読者さま、そのどちらにも肩入れするものでもありません。
作家さんにも問題があると判断した場合、ご本人の改善も要求します。
まずは削除依頼を出す前に、何が原因でそうなっているかをご自身でお考え下さい。
最終的に荒らしか荒らしでないかは、管理サイドの判断でさせて頂きます。
これらのことから、作家さんからの要求があった場合のみ削除を検討しますが、必ず対処される訳ではないことを、あらかじめご了承下さい。

■最後にお願い
投稿される作家さんも、閲覧される読者様も、ルールとマナーを守って節度ある行動をお願いします。


No.3   投稿者:ハーレム王(PN)   投稿日:2017-04-01 21:47:07   ID:K0PAnh1TB0A
今回も面白かったです。今回は怪魔ハンターガールズが出てきた話ですね。そして彼女たちの戦闘シーンもよかったです。次回も楽しみです。

教えて!銀八先生

銀八「はい、またこの作品の作者さんから質問が来てます。コント小説の続きはいつごろ投稿できますか?はい、お答えしましょう。未定らしいです。最近作者も忙しかったりして投稿が遅れてるそうです。私からしたらサボっているようにしか見えないですがね。というわけでコメントしたのと投稿がどんどん遅れるハーレム君、廊下に立ってなさい」

No.2   投稿者:モナカ   投稿日:2017-03-29 16:15:52   ID:fCn205BTDwA
見ましたよ〜♪
三人娘必殺技凄かったですね!
あとコマさん、おばさんって言ったらまず殴られるでしょ…。
ジバニャンサバイブもでるんですか!どんな活躍をしてくれるのか楽しみです!

No.1   投稿者:ryo   投稿日:2017-05-03 22:32:39   ID:f45c.nc4Uu2
今回は、怪魔ハンターガールズとの共闘ですね。後前から気になっていたのですが、妖精という存在はなんなんでしょう?明らかに妖怪とは違う存在ということは確かですが、というかケータ達良く知ってましたね。ニア達はくんやちゃんまでが名前でしょうか?後エグゼイド版クライマックスフォームやファムサバイブもよかったです。浅倉も調子に乗ってマスクオフしたり、次にエグゼイドが出る話で八雲、陣、北岡も駆けつけて欲しかったり、スティンガーが高虎をスコルピオと間違えて襲いかかるシーンも入れて欲しいです。次回はヨーコやヒカル、ショウ、映司、弦ちゃんが登場!楽しみです。
リーリエの家
シロン「ふわぁ〜・・」リーリエ「おはようシロン」シロン「おはようリーリエ。今日も頑張ろうね」リーリエ「うん!がんばろ♪」
マオ「あ、来たきた」スイレン「おはようリーリエ!」
アママイコ、アシマリ「シロンおはよう!」リーリエ「おはようみんな!」
シロン「お待たせ!」マオ「それじゃ行こうか!怪魔ハンターガールズ、出動するよ!」リーリエ達「了解!」
そして再びポケモンスクール
仗助「コケコ!ついに来たか」億泰「半端ねえオーラだぜ!」露伴「やはり来たか・・」康一「あ、リーリエちゃん!活躍よかったよ!」リーリエ「本当ですか?ありがとうございます!」露伴「ああ。実に素晴らしい戦いっぷりだったぞ。その年で斧を使うとは予想していなかったがな。ただし!」一同「え?」露伴「妖精共、貴様らの存在は、ノーサンキューだ」一同「ええ!?」マオ「なんでよ!」
康一「そうですよ!彼らもゲルーズに立ち向かう仲間ですよ!」露伴「ああ。康一君。確かに君の言う通りだ。だがどうしても僕は妖精という存在を認められないのだよ・・」康一「どういう事ですか?」露伴「そう。この作品は妖怪ウォッチだ・・だからこそ妖精は出してほしくなかった」仗助「なぜだ露伴!」露伴「決まっているだろう・・妖怪ウォッチの世界に妖精なんて出されたら・・」一同「出されたら・・?」露伴「妖怪ウォッチの世界観が壊れるからだッ!」一同「それかァァァ!」露伴「そもそも自分でくんちゃんをつけるな・・あとケータもホントにいたんだで済ませるな!」康一「わかります。普通初めて見たら驚きますよね?」仗助「同感だ。初見で驚かねえケータもすごいと思うぜ・・それにしてもミスルビーとかいうババア強すぎんだろ・・最も、CVはブレイクだがな」康一「それを言っちゃあ失礼でしょ!」マオ「大丈夫だよ。あの人おばさんって言っても怒らないみたいだったから」仗助「ま、それもそうだな。おっと、もう戦いが始まるぜ」康一「本当だ!」マオ「それじゃ、戦闘配備!」斉木(お前が戦うわけではなかろう)アライさん「あー、見るのだフェネック、なんか面白そうなものやってるのだー!」フェネック「おー・・あれなんてフレンズかな」露伴「ふ・・フレンズだッ!やはり妖精というのはこういうものをいうのだ!いや、違う・・あれは動物だ。そもそも違和感しか感じないか・・」仗助「やったッ!ピカチュウのZワザ・・」カプ・コケコ「なんなんだぁ今のはぁ?」シアン「やっぱり効いてない!」露伴「いやよく見たまえ。一応は効いている。そしてお返しが来たようだな」アライさん「ピカチュウが吹っ飛んだのだー!」フェネック「でも間一髪だったね・・ていうか負け認めてどうするの・・」仗助「追わなくていいのか、露伴?」露伴「その必要はない。すでにありとあらゆる絵は描けた。しかしカネゴンさんは何のために妖精など出したのだろう?さて次回はギンガ達の物語だったな」仗助「つーかシホの声行けたのか?」斉木(さあな。いけないな。代役など違和感しか感じない)康一「まあ後で似てるか調べてみよう。でも関智一さんと遠藤綾さんってどうして相性がいいって思ったのかな?どこかで共演でもしてるのかな?」露伴「安心してくれ康一君。こういう悩みがあったら僕が調べてあげよう」
そのころ海藤
海藤「なんだ・・あのトーテムポールみたいな奴・・」
To.be,continued...⇒

総レス数 3
感想記事編集  PASS 編集 削除

お名前(必須)
E-Mail(任意)
URL(任意) http://
メッセージ
削除用パス    Cookie 


■作品に戻る ■一覧に戻る ■削除・編集
Anthologys v2.5e Script by YASUU!!− −Ver.Mini Arrange by ZERO− −Designed by SILUFENIA
Copyright(c)2012 SILUFENIA別館 All rights reserved.