サイトトップに戻る 作品に戻る 解析結果詳細レポート ページ別アクセス解析

327日のweb拍手解析

これまでのトータル拍手数 5712回
本日の拍手数 2回

萌えた! 92回燃えた! 88回続編が気になる 1217回想定外だ! 100回
まだまだ精進です 2回エクセレント! 271回華麗だ! 39回ツボを押さえている 141回

メッセージ一覧(最大2000件)
114件のメッセージをお預かりしています。

PAGE: >1 2 3 4 5 6

次の20件>>

[114]投稿日:2019年01月13日9:35:36 [拍手元リンク]
更新待ってました!
佳境ですね。楽しみです。
投稿日:2019年01月19日23:52:26 193
ガイアとの決着自体は、週一更新でも春くらいまでに終わると思います。エピローグを含めても年内の完結は、いまのところ確実かと。
随分と長くなりましたが、最後まで応援よろしくお願いします。
[113]投稿日:2018年12月24日7:11:35 [拍手元リンク]
ZZZが遂に発動。 世界からエナが消失とは、今後の事を考えると頭の痛い問題ですね。
投稿日:2019年01月13日0:20:36 193
一応、一時的なものだと水穂たちは考えているようですが、まだはっきりとしたことは分かりませんしね。
後日譚的なデレステ編で聖機人が出て来ていることを考えると、答えはでているようなものですけどw
[112]投稿日:2018年12月16日7:44:57 [拍手元リンク]
遂に発動されたフラグメイカーの撃滅信号❗
対象の終焉が確定した瞬間ですね。
投稿日:2018年12月23日18:12:11 193
対象というか、世界の終焉(黄昏)≠ニ言ってもいいかと……。
鬼の寵児編の時もそうですが、基本的に太老が何かをすると後始末の方が大変なんですよね(遠い目)
[111]投稿日:2018年12月02日7:59:18 [拍手元リンク]
ZZZは、まだ発令されないんですか?
投稿日:2018年12月09日0:7:42 193
出し惜しみしているのではなく、あれがでるのは本当に最後の最後なので……。
353話でちょろっと登場しましたが、あれが若干フラグになっていたりします。
少しずつではありますが、着実に完結へと進んではいるので、じっくりとお楽しみ頂ければと思います。
[110]投稿日:2018年10月30日11:36:4 セラ [拍手元リンク]
さすが大老さま、帰還するだけで世界の危機だと!
投稿日:2018年11月04日20:43:10 193
本人は別に狙ってやっている訳ではないんですけどね……。
今回も被害だけで言えば、ガイアとガルシアが酷い目に遭っただけですし(ダグマイア……あ!)
[109]投稿日:2018年10月21日6:7:52 [拍手元リンク]
只の帰還では、すまないのは太老クオリティー。
メテオストライク的に登場してガイアを倒しそうな予感がします。
投稿日:2018年10月28日0:19:3 193
帰還と同時に世界が崩壊レベルの危機に晒されてますしね……。
まあ、素直に終わらせてくれないのが太老らしいというか。
メテオストライクくらいで済むと良いですね。ほんと……。
[108]投稿日:2018年10月10日15:18:25 ももまん [拍手元リンク]
やっと追いついてきた!これからも更新頑張ってください!
投稿日:2018年10月14日0:21:45 193
応援ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
[107]投稿日:2018年09月30日6:52:5 [拍手元リンク]
主人公が帰還したみたいですがもう少し大人しく出来ないんでしょうか?
投稿日:2018年10月14日0:21:26 193
無理です。本人にすら、どうしようもないので……。
[106]投稿日:2018年09月16日14:50:54 [拍手元リンク]
あぁエメラを連れて来たのってランだったのか。現実を突きつける為にあえて連れてくるとは鬼だな!(太老『※鬼の寵児』に感化されただけに
ベアトリスも肉体を伴って完全復活。ドールは完全にヒロインレースをごぼう抜き状態ですね!
投稿日:2018年09月22日22:54:10 193
昔の自分と重ねての自己嫌悪や同情もあるでしょうね。素直じゃないので、そういうことは口にだしたりはしないでしょうけど。
ベアトリスが肉体を持っている理由は次回の話で。結構とんでもない肉体をゲットしてます。
ドールが独走状態かと思ったら、そこにベアトリスが参戦して、桜花とマリアたちはそうとは知らずにヒロイン争いをしていると……。この混沌とした感じが天地無用の醍醐味だと思う一方で、いろいろと酷いw
[105]投稿日:2018年09月16日6:51:3 ホツマ [拍手元リンク]
エメラとランのやり取り中
『更には、そんな太老の考えに看過され・・・」
看過→感化かな?
投稿日:2018年09月16日14:3:39 193
誤字報告ありがとうございます。修正しておきました。
[104]投稿日:2018年09月02日10:52:44 [拍手元リンク]
剣士の逆転劇が始まると思いきや、まさかのワウアンリ―w
エメラがまさかの登場、そして即退場。エメラ―ーーーー!
ちょっとメイド隊情報部所属してたんじゃないのか!? 価値観と常識を覆されても、忠誠心、もしくは愛は変えられなかったか……
投稿日:2018年09月08日23:27:29 193
美味しいところを持っていくあたり、太老の弟子で間違いはないかと。
エメラは自分を犠牲にしてもダグマイアを庇うくらいの献身ぶりですからね。ダグマイアが殺されそうになったら、そりゃ黙って見ていることは出来ないと思います。エメラが戦場にいた理由については追々と。
[103]投稿日:2018年08月20日21:57:23 [拍手元リンク]
桜花よりもマリア達よりも、マリーとマリエルの愛が勝ったw
姿形は変わっても、どっちも太老が大好きすぎるんだな。まっ主は太老だから当然だねw
投稿日:2018年09月02日0:30:36 193
マリーやマリエルの太老に対する愛情って、自分のことよりも太老優先って感じですからね。一方で、マリアや桜花って太老のことを考えているように見えて、自分の気持ちに真っ直ぐですから……。
どっちが良いとも言えませんが、今回の件に関しては軍配はマリーとマリエルにあがったと言うことで……。
[102]投稿日:2018年08月12日17:39:15 [拍手元リンク]
ダグマイアが剣士と戦えているだと!? ダグマイア、お前どうしちまったんだよ! 命の炎を燃やし過ぎじゃないかな!?
教皇も色々知ってるみたいですね。
「伝説の魔神をも凌駕する強靱な肉体と力を持つ」という事は生身でも強くなってるのか。ダグマイアが輝いてるぅ!
投稿日:2018年08月20日3:4:6 193
原作と違い、このダグマイアは輝いてますしね。ある意味で主人公やってます……。身体能力は原作のフォトンほどではありませんが、肉体も強化されています。とはいえ、主にダグマイアが強化されているのはオペレート能力ですけどね。
フォトン編とも話を絡めていますからね。すべてを知っている訳ではありませんが、教皇もある程度の話は把握しています。
[101]投稿日:2018年08月05日6:10:10 [拍手元リンク]
何故か昔流行ったアトラクションを彷彿させますが最後の最後でどんでん返しがありそうですね。
投稿日:2018年08月12日1:42:23 193
毎週、見てました。これを言うと、おっさんとバレますけど……天地無用ファンは大体、世代的に当て嵌まると思うw
[100]投稿日:2018年07月15日13:43:51 [拍手元リンク]
タイムパラドックスかぁ、これ考え始めると終りがないのが怖いわ。
太老は天地が管理する上位世界に生まれたから頂神の力が効かない? いやそれとは別に頂神の力が効かないなら太老は天地と同じ超次元生命体なのか?
おぉ、なんだか考察が楽しくなってきやがった(混乱中
投稿日:2018年07月20日14:2:15 193
際限の無い話ですしね。
太老の力に関しての考察ですが、ここで一つだけはっきりとしていることは、太老の力は転生してから発現したものではなく本人の自覚があるにせよないにせよ、前世から持っていた力だと言うことです。
しかも、その世界の管理者である天地でさえ、どうすることも出来ない力を持っていたと言うことは、ある意味で特異点%Iな存在だったと考えられます。
これ以上は、本編の方でゆっくりと。
[99]投稿日:2018年07月15日10:44:52 ファル [拍手元リンク]
相似象ですね。いやウロボロスか
始まりは終わりで
終わりは始まりだった。
我々も高次元の部分は天地や太老のような存在かもしれませんね。
本当に梶島ワールドを奥が深いですね。
投稿日:2018年07月20日13:58:29 193
梶島作品ってテンプレ的な展開が多いですけど、アニメだけでは語れない奥深さのある作品ですからね。同人誌で背景が明かされることが結構あるので、追い掛ける方も大変ですけど……。
意外と私たちの日常の中にも、非日常は溶け込んでいるのかもしれない。この話は、そう言ったニュアンスも含んでいます。
モニターの向こうを覗いているつもりで、実は覗かれているという話もありますしね。
[98]投稿日:2018年07月15日7:23:24 [拍手元リンク]
遥か未来の蟹マッドと苦労人天地が出てきましたが周囲に振り回されているのは、微笑ましく見えました。
未来でも天地は、ニンジン畑の世話は、続けているんでしょうか?
投稿日:2018年07月20日13:53:7 193
未来の世界でも、余り柾木家の日常は変わっていません。
ある意味で、太老の望んだ平穏はそこにあるのかもしれませんね。
[97]投稿日:2018年07月08日11:26:27 [拍手元リンク]
ドールとベアトリスが奴隷になったw
それにしても零式が太老の力そのものとは……つまり太老と零式は分割されてる状態なのか。
太老の中にもう一人の太老が居たという衝撃的事実。そして上位存在の為、頂神の干渉を受けなかった超事実。
うぉぉ、衝撃的事実が多すぎて受け止められないぜぇw
投稿日:2018年07月15日2:14:53 193
後に騒動の引き金とならなければ良いんですけどね。まあ、ならない方がおかしいですけどw<奴隷
太老と零式の関係は、大体その通りであっています。
今日、更新の話で前回の部分と合わせれば、大凡の謎は解明されるかと。
頭の中がこんがらがるかと思うので、あとがきを合わせてご覧ください。
[96]投稿日:2018年07月02日22:57:1 [拍手元リンク]
流石は零式、肝心な所は後から言うw
太老は転生前と転生後でも似たような顔立ちだったのか。
太老の中にはまだ、封印された力と桜花の封印とベアトリスの残留思念が入ってるのか……色々入ってるなw
それにしても零式は転生前の太老の関係者や太老以上に太老を知ってるな……愛か?愛のなせる業なのか!?
投稿日:2018年07月03日8:58:19 193
デュアルのキャラクターみたいなものですね。鶏が先か、卵が先かのような話になりますが、元々惹かれ合う因果があったから太老は『正木太老』に転生したとも言えるので。桜花も平田家に産まれたのは、そのあたりが深く関係しています。
頂神が太老の存在に干渉できないのも、この中身に理由があるので。
ちなみに零式が太老の過去に詳しい理由は、愛というか……彼女の存在そのものに理由があります。鬼の寵児編でも、それとなくヒントは散りばめていたんですけどね……。
[95]投稿日:2018年07月02日6:56:22 [拍手元リンク]
貴方だけこんばんわも絡んでくるんですね…(驚愕)
投稿日:2018年07月03日8:52:19 193
マイナーすぎて知らない人も多い作品だとは思いますが、桜花の秘密に迫る重要な話なので(平田の娘で彼女をだした最大の理由だったりもします)

次の20件>>

解析結果詳細レポート

日時
拍手数
グラフ
3月27日0時 0
3月27日1時 0
3月27日2時 2
3月27日3時 0
3月27日4時 0
3月27日5時 0
3月27日6時 0
3月27日7時 0
3月27日8時 0
3月27日9時 0
3月27日10時 0
3月27日11時 0
3月27日12時 0
3月27日13時 0
3月27日14時 0
3月27日15時 0
3月27日16時 0
3月27日17時 0
3月27日18時 0
3月27日19時 0
3月27日20時 0
3月27日21時 0
3月27日22時 0
3月27日23時 0
本日の合計2拍手


過去31日間の解析
2
1
6
23
1
0
0
0
0
0
45
0
0
1
2
2
2
3
0
0
2
1
3
1
27
1
3
2
2
0
8
3/27
3/26
3/25
3/24
3/23
3/22
3/21
3/20
3/19
3/18
3/17
3/16
3/15
3/14
3/13
3/12
3/11
3/10
3/9
3/8
3/7
3/6
3/5
3/4
3/3
3/2
3/1
2/28
2/27
2/26
2/25

web拍手CGI公式サイト
Designed by SILUFENIA