サイトトップに戻る 作品に戻る 解析結果詳細レポート ページ別アクセス解析

326日のweb拍手解析

これまでのトータル拍手数 206回
本日の拍手数 0回

萌えた! 6回燃えた! 9回続編が気になる 31回想定外だ! 0回
まだまだ精進です 2回エクセレント! 14回華麗だ! 1回ツボを押さえている 1回

メッセージ一覧(最大2000件)
12件のメッセージをお預かりしています。

[12]投稿日:2018年10月21日2:11:29 ラテ [拍手元リンク]
新作の作品紹介で魔導操殻って単語でてきましたけどどうなるか楽しみですよね
投稿日:2018年10月23日22:22:33 フェリ
ども、ラテ様感想有難うございます。もうちと早い感想返しはできないものかと頭を抱えるフェリです。(←殴w)
はい、非常に楽しみですね♪ 実はフェリも「封緘のグラセスタ」を購入する理由はこれだったりします。“史実ルートの魔導巧殻”において魔導巧殻4姉妹は表沙汰にできない歴史としてゲームでも消えていきましたが性能的な差はあれどう見てもリルカ嬢のアレはリスペクト品、それに彼女のキャラ紹介で保有スキル・月女神がある事も気になってます。OP画面での只ならぬ彼女の幼少期を含め史実ルートにおいて転生したアル閣下の記憶か何かを引き継いでいるのでは?(戦神の聖女様も同類ですしw)と考えて居たり。
そんなわけで今回はSSと無関係だろうとシュヴァルツ達はグラセスタに行かない予定、でも設定は流用する気満々なフェリです。(←激殴ww)
ちなみに30話の冒頭で魔導躁殻は某駄女神のグアラクーナ管制ユニットとしてちゃっかり参戦してます。
それでは
[11]投稿日:2018年09月11日5:0:50 ラテ [拍手元リンク]
ネイ=ステリナで世界を拡大しなければ信徒が滅るって言ってたのはこの巨大なダイソン球の世界だからだったんだろうか?
投稿日:2018年10月08日0:51:42 フェリ
ども、ラテ様感想有難うございます。相も変わらず感想返しが遅いフェリです。(←殴w)
そうですね。捏造設定なんですがネイ=ステリナは神が世界を支えることで成り立った世界です。ただ世界に置ける神力の産出量(産出元はヒトw)が限定される世界の為に現神が増えれば増える程世界を拡大させるために自分を削ると言う悪循環に陥っています。逆に神力によって割合簡単に人が求める資源は作り出せるとしました。イアス=ステリナは全くその逆と設定しています。
双方が詰んだ状態で人類が創り出した機工女神が「ならくっつけてしまいましょう!」で暴走しネイ=ステリナ側をイアス=ステリナ側に丸ごと引き込み双方をオーガスの様にパッチワークして巨大な方舟にしてしまった。それがディル=リフィーナの正体と設定してます。
つまりダイソン球になったことで危うい安定が出来ているわけですね。
それでは
投稿日:2018年10月10日7:12:1 ラテ
ネイ=ステリナの逆ってのが想像できません。
イアス=ステリナが滅んだ原因は戦争などの資源の無駄使いや、宇宙進出してもそのコスト分のメリットが宇宙開発で得られなく閉塞したまま資源が枯渇したとかでしょうか?
しかし太陽系の外がイアス=ステリナ世界だとすると外宇宙探索機などが今も漂ってると思うと悲しいですがロマンがありますね。
[10]投稿日:2017年08月27日20:4:6 黒い鳩 [拍手元リンク]
今回は14話から21話まで読みましたw
ザフハとの戦争をする話かと思ったんですが、現状は話し合いまでのようですねw
ギュランドロスが色々活躍していますな。
作戦はマッチポンプ式リンチ作戦とでもいうのかw
ただま、そこまでするなら情報操作で相手の中に味方を作っておくのもいいかもですねw
その後は、妹の話のようで。
裏が何となくわかりますね、なにせ元凶と思しき天使の存在も示唆されましたしw
恐らくは、シュバルツが記憶を忘れないために書いたりしたノートを見たか、独り言を聞かれていたか、ぽろっとしゃべってしまったか。
妹が中途半端に知っている理由を考えるとそんなところかなとw
しかし、その後は話が一気に展開して多少意味不明な気がするんですが。
軌道間宇宙港って、メルキア内にそんなのありましたっけ?
いや軌道ステーションってことですから、宇宙まで伸びてる塔ってことですよね?
気になりますw
ラストはセリカの同位体ってことになるのかな?
それと現神殺しのセリカの2人がでてきてさあどうなるって感じですよねw
楽しみにしております!
投稿日:2017年08月28日20:7:20 フェリ
ども、黒い鳩様感想有難うございます。
実はメルキアの対ザフハ戦はシュミレートで東領単独だとグダグダ、帝国軍だと瞬殺という面白みに欠ける結果になったのです。そこで湾岸戦争並みに酷い国際状況でザフハに何ができるのか? と考えながらプロットを練り込みました。最初に国際レベルで封殺され戦略面で戦わずして負けてしまう状況で首長たるアルフェミアが何をするか。そこに誰かさんが付込んだら何が起こったか。第四章へ続く大きな伏線になっています。語られることはありませんがゲームの史実ルートと違い今作ではヴァイスハイトとアルフェミアの仲は修復されずネネカがその間を繋がねばならない状態です。
そうそうノートは存在してますがシュヴァルツはそれ以上の致命打をやらかしています。正に相手が悪すぎた。それが魔導巧殻に限り大きく物語を歪める原因になったのです。
続く
投稿日:2017年08月28日20:8:6 フェリ
軌道間宇宙港って、メルキア内にそんなのありましたっけ?」
これは少しニヤリとしてしまいました。ラ・ギヌス遺跡と祖霊の塔。これを戦女神戦女神VERITAの全体マップで確認したとき少し違和感があったんです。もしかしてこれ……?と考えた時、ある形容詞と脳内化学反応して捏造設定が生まれました。だからこそ学園と宇宙港という違いはあれど【創刻のアテリアル】を挿入したんですよ。これについては次話でメルキアのルーツとして語られますんでお楽しみにw
「セリカの同位体」
いいえ本体です♪ しかも神力暴走状態です♪♪
魔導巧殻で言いますとLV25&HP250のシュヴァルツ達に対しLV250&HP9999のセリカです。ついでに与えるダメージに三ケタくらい差があります。\(^o^)/(オワタ)
ま次回冒頭のBGMが『放たれた閃光、それは古の』ですのでこれで神殺しを敵に回した時の絶望感を存分に味わってもらえればと(笑)
それでは
[9]投稿日:2017年02月16日5:33:17 [拍手元リンク]
このゲームに限っての製作側制限『神の影響を極力出さない』
って公式でそんなの言ってましたっけ?
投稿日:2017年02月16日22:59:35 フェリ
ども、ご指摘ありがとうございます。製作側制限『神の影響を極力出さない』明記こそされていませんが魔導巧殻ビジュアル&ガイドブックでの対談P250〜251で神様がバランスブレイカーなので出さずハイシェラ様のみアペンドで出すと出ていますね。この世界の神殿や神様勢力からして本来ならあり得んだろう? というのがフェリの考えでした。そこであえてそれを取り払い崩れを防ぐために反対側の重しとして『神の影響を受けにくいメルキア国民意識』を乗せてバランスを取ってみたのです。つまり魔導巧殻の裏側で神様たちが何をやっていたか? 主人公の介入で如何にそれがIFとして顕在化したのか楽しんでいただけたらと思います。
投稿日:2017年03月11日1:20:5
なるほどありがとうございます。
公式ページや製作者の日記などを必死に探そうとしてました。
公式ガイドブックとかは存在を忘れてました
[8]投稿日:2017年01月13日21:47:33 [拍手元リンク]
毎月楽しみに読んでいます。
今度のエウシュリーの新作も楽しみですね。
投稿日:2017年01月16日21:26:49 フェリ
ども、感想有難うございます。「毎月」という言葉に感動を覚えて土下座モードフェリです(←殴w)ホントどこまで知名度があるのやら? な原作を18禁寸止めで書くという物狂いなモノ書きの立場ですが感想一言一言が胸にしみ、まこと有り難い限りです。
さて次期エウ新作は「神採り」の正当後継版ですから作者としても楽しみにしております。既に下書きや本文に「鍛梁師」「インフルース王国」「うざカワ天縁神(←激殴ww)」が設定として書き込まれていることから期待の程が解る筈です。グアラクーナ城砦はどうするっかな? と現在思考中、作者の中で「魔導竜砦・グアラクーナ」なんて妄想してますから(←撲殺wwww)
それでは
[7]投稿日:2016年12月19日13:45:30 黒い鳩 [拍手元リンク]
追いつきましたw
9話から13話まで見させていただきました!
夢への第一段階がようやく動くってところですね!
9話はシャンティの成長のための布石といったところでしょうか。
10話は顔見せですねユンガソルが柱石ってやつでしょうか。エルフの女王も含めですね。
でも11話でセンタクスに戻ってきていますね。
時系列は一応終わった後になるのかな?
戦争では活躍しなかったということなのでしょうか?
12話は魔族の正体に迫ってますね、メッセでつぶやいてたことを合わせるとむしろそのことに気づかないシュバルツに疑問が出ます。何か仕掛けがあるのかな?
13話は、夢に関してですね。
主人公の世界との乖離も含めている様子。
今後の展開に響きそうなネタですね!
ではでは〜次回以後も期待します!
投稿日:2016年12月20日19:52:4 フェリ
ども、黒い鳩様感想有難うございます。最新話まで読んでいただき感謝に耐えません。
シャンティの成長のための布石……いや下書き書いているフェリとしては笑いだすのをこらえました。(←殴w)確かに成長しますがまだまだ中坊、昔の言い方で言えばコトナの世代です。彼女という未だ成らぬ存在からどう主人公が見えているか。それを軸に彼女の成長を書けたらと思います(セリフから解りますが結構ミーハーですよ←激殴ww)
三銃士筆頭「王妃」についてはかなり悩みました。本来相対するはずの無い謀将同士の邂逅ですからね。今回は顔見せというより想定されたイレギュラー、以降の話からユン=ガソルの指し手に彼女の匂いが感じられるよう頑張るつもりです。エルファティシア陛下に関しては内緒(笑)なにせ魔導巧殻では一二を争う重要人物ですしね。
投稿日:2016年12月20日19:52:22 フェリ
12話と13話に関しては原作ゲームとの最大の相違点です。今回フェリは魔導巧殻に主人公含め三人をオリキャラとして追加しました。そこかしこにちりばめられるディル=リフィーナのキャラと違い彼らは明確にこの話における目的を持って行動します。実は主人公の一人称視点で話を構築しておりますが初めの構想ではこの三人の視点をそれぞれ書き物語を構築するつもりだったのです(挫折しましたけど←超殴www)
さて次話にて「神々の介入する魔導巧殻」その事実が姿を現します。ここから主人公は現実と神代双方を相手どらなければなりません。作者も気合入れて頑張ります。
それでは
[6]投稿日:2016年12月13日0:25:54 黒い鳩 [拍手元リンク]
とりあえず8話まで読みました。
要約すると、魔族攻めてくるの巻、エインフェリア元帥ニヤリコメられるの巻き、オルファン元帥を驚愕させるの巻ですねw
魔族の襲撃は、実際の所どこまでの実力なのかとかはよくわからないんですが。
ぱっと聞く限り、人間よりは強いが、魔神とか言われるレベルには達していないと言う感じでしょうか?
エインフェリア元帥は見た目ロリっ子ですからねw
楽しんで書いてるのが分かる話でした。
まーMっけはないので、その後どうなったかは知りたくもないですがw
オルファン元帥は兎に角、死なないでというのが伝わってきましたね。
でも実際の所、生き残らせるつもりなら、相応に寿命を延ばす何かをする必要が有ると思いますが、さてどうなるやら。
アル閣下は楽しんでるようで何より!
投稿日:2016年12月15日22:14:49
ども、黒い鳩様感想有難うございます。魔族の強さですがゲームから換算してもメルキア武将がLV5に対しロリっ子睡魔のスゥーティすらLV10ですしね。部隊長ですらこの有様ですから一般も泣きたいくらいの差がありそうです。人間族はディル=リフィーナでは劣等種に近いんですよ。でもそれが顕在化しないのは信仰心が並外れて強いために神様各位の依怙贔屓が強いこと(神格者が他種族に比べかなり多い)と魔族に比べ遥かに短命なことから成長が異様に速いのです。この他種族生存競争バトロワ大陸で全面積の10%を占有しているという記述がある位強力な種族でもあるんですよ。メルキアはそのもっとも極端な例であり神様各位が警戒するくらい異質な国家だとフェリは思っております。(続く)
投稿日:2016年12月15日22:16:35 フェリ
エイダ様にしてもオルファン元帥にしても史実ルートでは無惨なまでの戦死になってしまいますしね。このあたり面白くないでシュヴァルツは纏めていますが己を鑑みて「何をすべきか」覚悟を固める節があります。彼の転生者として存在意義にもかかわる重大なものですからね。流石に寿命を延ばすのは無理かな? 不老不死も寿命延長もこちらと違い夢ではない世界観ですがゲームでもあくまで人間らしさに拘ったような選択をしたオルファン元帥は「命尽きるまでに何を為すか?」を考えていたと思います。他ゲームを見ると如何に魔法ルートが矛盾したものであるか見えてきます。それをあえて突き進んだのは魔導禁止の裏には他の目的があったのではないか? とフェリは考えております。(まだ続く)
投稿日:2016年12月15日22:16:59 フェリ
アル閣下については本質的にはまじめな子ですからね。もう少し楽しませないと自分に疑問を持ち自らの意思で歩むことを放棄したままエンディングに至ってしまいます。今回はせっかく最後の選択を提示できるようにしたので是非ともそちら側を選択してほしく魔導巧殻・アルの心情を細かく描写したいと思っております。11話なんてエロゲでその配役にするか!?というお笑い芸人状態ですよ。(←殴w)
それでは
[5]投稿日:2016年12月11日0:47:56 黒い鳩 [拍手元リンク]
とりあえず5話まで読みました。
シャンティは物語が進む内頭角を現していくのかな?
どうなるのか、楽しみにしています。
陣頭指揮をとった囮作戦を馬鹿王が覆したのはまーいつものことっぽいですねw
皇帝陛下との顔合わせは、そこそこ印象に残したといったところかな。
後半につながるフラグだけに、同反応することになるのか楽しみです!
アルはほら、声優のイメージがwねw
陣容強化が進んでいっていますが、姫奴隷の秘書さんは、何か活躍の場あるのかな?
身近にいることになるし、色々ありそうではありますが。
まだまだ準備段階と言う感じですが、シュバルツも色々動き回っていますね。
どんな軍を持つことになるのか楽しみにしています!
投稿日:2016年12月11日22:56:38 フェリ
ども、黒い鳩様感想有難うございます。
なかなか難儀な作品に仕上がりつつあると七転八倒なフェリですが各キャラをしっかり読み解いてくれる辺りゲームやりこみ経験者かな? と考えてしまう読みの深さですね。さてシャンティについては3&4章に出番が多くなる予定ですが基本女ばかりな作品になりかねないのであえて男に焦点を当て作品を作っております。ジルタニアもその存在感や後の邂逅よりも彼の皮肉の一言が主人公にどんな影響を与えどんな行動をとらせるか、そちらに注目して頂ければとも思います。隷姫のシルフィエッタは居ないと主人公死にます。間違いなく死ぬ筈です。主人公の前にディル=リフィーナ最強の敵が立ちはだかる事になりますからw少なくとも彼女もヒトを超えた超常なのですから(魔導巧殻のレベル制限外ということです)
まー主人公はよりマシな手を探すことには長けていますのでこれからも作者と同じく七転八倒しながら物語を乗り切っていきます。そしてあくまでもこの作品は魔導巧殻の裏側、第二章からシステムはS・RPGにそして『神の介入するメルキア中興戦争』へ加速していきます。お楽しみに。
[4]投稿日:2016年08月15日9:30:30 saka519 [拍手元リンク]
私もディル=リフィーナ世界は好きですので応援しております。それと些事ですが、西方の大国はテルフィオン連邦だったと記憶しているのですが、歴史が変わり別の国になっているのでしょうか。
投稿日:2016年09月11日0:26:48 フェリ
ども、saka519様。感想有難うございます。恒例のごとく感想返し遅れて済みませぬ。(←激殴ww)、さて、西方の大国はテルフィオン連邦、この点実はフェリも非常に悩みました。記憶違いでなければ『VERITA』においてマーズデリア総本山での会話でテルフィオン連邦とされていましたが『神採り』でのセリフの中にティファーレン連邦との記述があったのです。果たして同じ国か? 同じ国なら何故国家名の違いが?? と悩んだ末、方言的な違いではないか……と考えメルキアが同じ中原国家としてユイドラ含めた元ミケルティ連合王国のティファーレンを採用した経緯があるのです。今後そういった名称の微妙な違いは中原を舞台とした名称にしていくつもりです。ルア氏族=ルーン氏族や精霊モリガン・モルガナも次話にてこう書き換えることにしております。モルガン(メルキアン)・モルガナ……何かとややこしいですがメルキアと言う国を主軸として物語を紡いでいけたらと思っております。
投稿日:2017年01月01日19:39:53 フェリ
ども、『神採り』をやり直して確認しました。確かにティファーレン連邦と記述されていましたが、主人公&ヒロインはセテトリ地方語で会話しているのが解ってきました。となりますとティファーレンはセテトリ訛りのテルフィオン連邦という事になりますね。ご指摘ありがとうございました。
[3]投稿日:2016年08月10日21:20:41 とり [拍手元リンク]
エウシュリー作品好きなので大抵やってるんですがシリーズが多すぎて登場人物が把握しきれないことが多々あって困りますね。
すこし予備知識がないと理解できない事が多いと思うので補足部分を多めにしてほしいと思いました。
投稿日:2016年09月11日0:13:0 フェリ
ども、とり様。感想有難うございます。恒例のごとく感想返し遅れて済みませぬ(←殴w)確かに登場人物が多すぎとの指摘はフェリも考えており今10話をもって第一章が終わるのを鑑みて登場人物表や独自設定資料を構築しようかと考えております。御指摘ありがとうございました。
[2]投稿日:2016年04月11日10:9:9 [拍手元リンク]
最近、魔導巧殻をプレイしてSSを探していたら、この作品を見つけました。
続きを楽しみにしているので頑張ってください。
投稿日:2016年04月28日21:8:50
ども、感想有難うございます。何かと反応に遅いフェリでして(←殴w)
以外にエウシェリー作品の中で魔導巧殻は設定上の拡張できる隙や他エウ作品との関連性が多いですね。特に各作品が魔法と魔導という二本柱設定になってからいろいろとメルキアの名前が取りざたされます。(戦女神2だと魔導戦艦のわりに端役でしたけどw)拙作を読んで頂く中で他エウ作品の中に影を如何に醸し出せるか。作者として執筆を頑張りたいです。
基本、この作品が月間10日に1話投稿し下書きが完成した時点で加速投稿に入ります。連載は二年半を予定しておりますがどうなることやら(←激殴ww)
[1]投稿日:2015年12月26日10:55:12 [拍手元リンク]
魔導巧殼含めエウシュリーのSSは非常に少ないので頑張って下さい
投稿日:2016年02月10日19:41:22 フェリ
ども、大変遅れてすみませぬ(←殴w)こっちがPCからでしか入れないもので(大焦ww)励まし大変に感謝しております。エウシェリー各作品からのクロスオーバーでもありますので少しわかりづらいこともあるかと思いますがよろしくお願いいたします。

解析結果詳細レポート

日時
拍手数
グラフ
3月26日0時 0
3月26日1時 0
3月26日2時 0
3月26日3時 0
3月26日4時 0
3月26日5時 0
3月26日6時 0
3月26日7時 0
3月26日8時 0
3月26日9時 0
3月26日10時 0
3月26日11時 0
3月26日12時 0
3月26日13時 0
3月26日14時 0
3月26日15時 0
3月26日16時 0
3月26日17時 0
3月26日18時 0
3月26日19時 0
3月26日20時 0
3月26日21時 0
3月26日22時 0
3月26日23時 0
本日の合計0拍手


過去31日間の解析
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3/26
3/25
3/24
3/23
3/22
3/21
3/20
3/19
3/18
3/17
3/16
3/15
3/14
3/13
3/12
3/11
3/10
3/9
3/8
3/7
3/6
3/5
3/4
3/3
3/2
3/1
2/28
2/27
2/26
2/25
2/24

web拍手CGI公式サイト
Designed by SILUFENIA