サイトトップに戻る 作品に戻る 解析結果詳細レポート ページ別アクセス解析

124日のweb拍手解析

これまでのトータル拍手数 2582回
本日の拍手数 1回

萌えた! 172回燃えた! 45回続編が気になる 217回想定外だ! 5回
まだまだ精進です 8回エクセレント! 52回華麗だ! 1回ツボを押さえている 23回

メッセージ一覧(最大2000件)
195件のメッセージをお預かりしています。

PAGE: >1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

次の20件>>

[195]投稿日:2019年01月23日22:5:32 [拍手元リンク]
リィン未成年。そうか、まだ未成年だったわ。時間軸的に2と3の間ぐらいだったわw
まさかのユウナ再登場。完全にフェードアウトしたと思ってた。
でも今回のユウナの件は、だいたいティオの所為。間違いないw
そしてアッシュの登場。オラわくわくしてきたぞ!
投稿日:2019年01月24日0:48:33 193
閃の軌跡3(原作)が始まる三、四ヶ月前の話ですからね。
どうしてユウナがラクウェルにいるかは追々と。一応、重要な立ち位置のキャラなのでフェードアウトはしません……。ティオからすると、ユウナのためを思っての行動なんでしょうけどね。
アッシュの目的については次回。なんとなく察することは出来そうですけどw
[194]投稿日:2019年01月19日1:8:23 [拍手元リンク]
ギルバートが居るだけで、どんな場面でもギャグに出来る。なんて凄いキャラなんだ……
ヴァレリーの話も、いつも通り何処吹く風のリィン。優しくしない優しさがそこにある!
ヴァレリーは「悪魔の一族」呼ばわりされてるけど、ぶっちゃけ恵まれてる人間への嫉妬なんですよね。
マクバーンが真面目に修行だと!? デュバリィが居なかった理由が、まさかの修行w
投稿日:2019年01月20日14:57:34 193
ギルバートはいろいろと美味しいキャラですしね。悪党には違いないのですけど、憎めないと言うかw
ヴァレリーの境遇は確かに同情する点はありますが、それを言ったらリィンやフィー。それにエマも過酷な人生を歩んでいますしね。人は生まれる環境を選べませんが、それを不幸だと考えて腐るか、糧にして努力するかはその人次第だと思うので。
悪魔の一族に関しては、生け贄的な意味もあるのではないかと考えています。貴族階級の廃止と剥奪までしておきながら財産を残したのは、没収したところで焼け石に水というのもあるでしょうが、人々の恨みや不満を一身に受ける存在が必要だったからではないかと考えます。
原作でアリアンロードに誘われてましたしね。リィンに屈辱を与えられたことで、真面目に修行する気になったと言った感じです。
[193]投稿日:2019年01月18日11:56:14 [拍手元リンク]
シャーリィは子供を拾う。しかもアスカだと……ロリアスカ可愛いよね。異論は認めん!
しかもちみっこなので、感情の起伏が激しくなお可愛い。
投稿日:2019年01月19日0:10:50 193
まだ、この頃は両親も生きていますしね。そのため、子供らしさを少し全面にだしています。
クールなアスカも良いですが、こういうアスカも新鮮で可愛いと思いまして(まあ、幼女という時点で可愛いのは当然なのですが)
[192]投稿日:2019年01月16日1:17:9 [拍手元リンク]
ラクシャが思った以上に強い。そういえばアドルと一緒に居たせいで古代種とバトりまくってたわ(目を逸らしつつ
ノルンの全力障壁って破れる奴は殆ど居ないんじゃなかろうか……
まさかの鉄機隊が出張るとは、倒してゲットと思いきや、代わりにギルバートをゲットだぜ!
ご褒美、それは素敵な言葉。三人はウキウキであるw
ヴァレリーから感じる厄介事の気配。ん?なんかデジャビュ?
投稿日:2019年01月16日15:52:40 193
修羅場を潜ってますからね。ラクシャは戦闘経験だけで言えば、一流の猟兵にも引けを取りませんから……。その後もセイレン島に残って、シャーリィの面倒を見つつベルからも指導を受けていたりするので、かなりの成長をしています。
ノルンの障壁は剣聖クラスなら十分に突破可能かと(オイ)
ここで鉄機隊が登場したのには意味があります。ギルバートについては、ギャグ要員加入ということでw
たぶん今回一番の災難は、ご褒美の約束かと……。
ヴァレリーは生まれからして背後関係が怪しいですからね。原作でもノーザンブリアが併合されるまでは、かなりいろいろとあったのではないかと考えています。
[191]投稿日:2019年01月12日15:56:27 [拍手元リンク]
シャーリィの二つの名が「紅の鬼神」になっとる。騎神を駆る鬼神……やべぇ……
凄い。ギルバートの流れる様なギャグが凄いw
道化師の命が超ピンチ。相手はガチな上に一切の容赦がないという。
投稿日:2019年01月13日1:22:25 193
この作品のシャーリィには、これ以上ないほどピッタリの二つ名かと思いますw
ギルバートは軌跡シリーズでお気に入りのキャラの一人なので、特徴を意識して頑張りました。あの流れるようなコントが売りですからね。悪人ではあるのに何故か憎めないのは、このキャラクターだからなのだと思います。
道化師がこれまでに相手してきた連中と違って、シャーリィは遠慮や容赦がないですからね……。撃つよと言ってから撃つのではなく、行動から入る性格ですから、かなりピンチです。
[190]投稿日:2018年12月27日23:9:40 [拍手元リンク]
リィン、既にロジーヌにすら沢山の恋人が居ると思われているw
そしてヴァレリー登場。まぁノーザンブリアと言えば彼女だよね!
ていうかギルバート、お前がここで出てくるんかーい!
投稿日:2019年01月10日0:15:31 193
まあ、普段の行いが行ないですしね。まったく言い逃れできないw
ヴァレリーが関わってくることは、恐らく予想していた方々も多いのではないかと。
しかし、ギルバートの登場はきっと誰も予想しなかったでしょう。
美味しいキャラなんですけどね。彼……。
[189]投稿日:2018年12月22日9:30:18 [拍手元リンク]
シャーリィよりもダーナに手伝ってもらおうとすると考えるあたり、シャーリィの暴れっぷりが予想できる。
リィン同様、シャーリィも超強化されてますからねー。……これも恋する乙女の強さに入るのかと思うと背筋が凍るぜぇw
同じ「普通」なのに、危険に近づく者と遠ざけられる者。これは大きな違いよ。
やはりロジーヌから見てもノルンとリィンはセットなのか……まぁ存在自体がセットだからな二人はw
投稿日:2018年12月26日21:3:59 193
シャーリィの力を借りると後々面倒なことになりそうですからね……。恋する乙女というか、リィンに対する感情も動物的な本能がまざっているので、これもなんともしがたい話ですから……。
いまのユウナって、まだ特務支援課に憧れているだけの少女に過ぎませんからね。
ノルンの存在は教会も強く警戒しているというか、マークしていますからね。リィンの庇護下にあるから手をだしていないだけで、本来であれば封聖省が動いている案件ですから。
[188]投稿日:2018年12月20日12:1:20 [拍手元リンク]
歳が増えても減っても変わらない見た目。それがトワ。まさに永久だわ……
原作よりも若いからか、まだまだ現役なジジイ組。奴らはノリノリであるw
投稿日:2018年12月22日0:8:13 193
トワに関しては、中学生くらいで成長が止まっているのではないかと邪推しています。なので、ほとんど見た目に変化はありません。
この頃のセイジュウロウとかは、まだ六十歳ですしね。バリバリの働き盛りですから、まったく衰えを感じさせません。
[187]投稿日:2018年12月18日13:5:32 [拍手元リンク]
デアフリンガー、まさかの登場。そして使われ方よw
アンは相変わらず……いや、反動の分で更に酷い事に(ティオは冷たい眼で見ている
クレアは軽く受け入れられて驚いてるけど、団立ち上げ時の構成メンバー考えれば普通という。ほぼ敵対者を仲間に入れて作ったからなー。器のでかさは親父譲りだなホントにw
投稿日:2018年12月20日0:8:11 193
本作品のデアフリンガー号は、内戦時のカレイジャス的なポジションになります。
アンゼリカはいつもの病気なので……。美少女のなかに放り込んでおけば、自然と少女も緩和されるかと(別の意味で悪化しそうですけど)
器の大きさどうこうだけでなく、昨日の敵とも戦場を離れれば、酒を酌み交わす。そういうドライな環境でリィンやフィーは育っていますしね。
[186]投稿日:2018年12月15日20:32:45 [拍手元リンク]
二話連続投稿ありがとうございます!
シャーリィ達と合流してるのには、ノルンが関わってたのか。
というか神クラスの力の持ち主の近くにいると加護が備わるのか。まぁ確かに言葉が通じるって大事だよね。
P.S.
アルフィンがどんどんリィンが関わると鋭くなっていっている気がする。恋する乙女はこれだからw
投稿日:2018年12月18日0:14:43 193
切りよく終わらせるためにシーンを入れ替えたのですが、それで混乱を招いてしまったようなので……こちらこそ失礼しました。
この手の多重クロス作品だと、疑問に思う一番の部分が言葉の壁ですからね。まあ、そういうものだと曖昧にしてもいいのですが、ちゃんとした理由付けはしておいた方が良いだろうと。ちなみに成長率補正というのも何気に重要だったりします。
アルフィンは原作でもセドリックの話にありますが、元々彼が嫉妬するくらいには優秀なようですしね。戦闘力は低いですが、その分、交渉ごとなどの駆け引きや政治的な面は弟よりも有能な感じで本作品では位置付けています。
軍師としてはミュゼの方が上でしょうが、内面的な部分はアルフィンに軍配が上がるかなって感じで。
[185]投稿日:2018年12月13日0:14:56 [拍手元リンク]
断章3話「大人しく状況を見守るエイジ。」は「大人しく状況を見守るカズマ。」
あぁ、やっぱりシャーリィが暴れ……いやこれ暴れてねぇな。軽く撫でただけか。良かった良かった(ぇ
エイジ は 悪魔と 契約した
投稿日:2018年12月13日1:0:22 193
誤字報告ありがとうございます。修正しておきました。
この程度だとシャーリィからすれば、軽く撫でただけと言ったところでしょうね。それでも撫でられたヤクザたちは堪ったモノじゃないでしょうけど……。
契約した相手が常識の通用しない相手ですからね。これからのエイジの苦労が察せられる……。
[184]投稿日:2018年12月11日0:29:9 [拍手元リンク]
144話「階段を降りるシャーリィ」は前部分にシャーリィってあったので「階段を降りるラクシャ」が正しいかと。
ふーむ。転移って便利だよね! 見張ってる人達が超可哀想w
あとカトリーンって凄いんだなって再確認。
投稿日:2018年12月11日1:17:38 193
誤字報告ありがとうございます。修正しておきました。
転位って、どう考えてもチート級のスキルですしね……。魔女や結社ずるい。
文明レベルはリィンたちの世界の方が上ですが、鍛冶などの職人技に関しては失伝している技能もあるため、イース世界の方が上と言った感じで考えています。カトリーンはロムン随一と言われる鍛冶士を祖父に持つ凄腕の職人ですしね。というか、あの島の環境であれだけの武器を作れる時点で普通じゃないです……。
[183]投稿日:2018年12月08日0:48:6 [拍手元リンク]
143話で「ノルン」の部分が「ノエル」になってる部分が多数
リィンの室長の紹介される目的が分からないので楽しみだわ。
シャーリィの金の管理……確かにリィンが行ってないと使い切るだけだと思うw
そっか、武器は今改造中でしたね。代わりの武器が必要だわ。
投稿日:2018年12月08日0:53:33 193
ご指摘ありがとうございます。修正しておきました。
リィンの狙いについては追々と……まあ、納得の行く理由ではあります。
シャーリィは基本的に大雑把ですからね。生活能力はないに等しいですw
ここで登場するナインバリ。あの親子も大概なんですよね。
[182]投稿日:2018年12月07日0:53:43 [拍手元リンク]
すぅぅぅぅぅぅ(息を吸い込む
逃げてーーーーー!!! ヤクザ超逃げてーーーーーーー!!!
恐らく初めて雑な扱いを受ける一馬くん。うん、でもその扱いが正解な気がするんだw
投稿日:2018年12月08日0:15:6 193
まあ、さすがに相手が悪すぎますしね。リィンが罠を張って、シャーリィが待ち受けている時点で……。
親のいない孤児なんて、帝国では珍しくありませんしね。リィン自身もルトガーに拾われた身ですから。なお、カズマが少年として登場する時点でお気付きかと思いますが、東亰ザナドゥの本編が始まる十年前が舞台になっています。
[181]投稿日:2018年12月04日12:8:50 [拍手元リンク]
おや、レイフォンの様子が何時の間にか……
まさかリーシャの隠形を見つけるとか、ツァオも半端ないのぉ。
それにしても、カエラが出てくるしハーキュリーネタが此処で出てくるとは思いもしなかったですわ。
そして手が足りない分は他から持ってくる発想のリィンは凄いですわ。
あとリィンに振り回されてるオリエが可愛いw
投稿日:2018年12月06日0:35:14 193
レイフォンは良くも悪くも、後に引き摺らないタイプですから。
単純に最強クラスの連中が異常なだけで、ツァオもかなりの手練れですしね。
役者が出揃ってきたので、そろそろ物語が一気に動き始めます。ノーザンブリア編は思っていた以上に長くなっていますが、丁寧に完結へと持っていくつもりでやっていますので、最後までお付き合いください。
使えるものや利用できるものは、なんでも使うのが猟兵式ですしね。
オリエさん。人妻属性がついている分、余計にギャップ萌えがはえますからね……。
[180]投稿日:2018年12月01日0:34:2 [拍手元リンク]
ミハイルという貴重な常識人ツッコミ枠。ただそれだけでリィンの好感度を稼げるというw
クレアが旅団に入ったと思ったらミリアムが行方不明になるとは……しかもオルディスとか……
帝国、それは腐敗しかけた林檎と一緒よ……リィンじゃないけど手遅れ感が凄まじい。
あらやだレイフォンの嫉妬大爆発だわ。でも仕方ないよね恋する乙女だもの!
記念作品は分岐前とは別に、正史での話になるのか。ホントにかゆい所まで手の届く作品で嬉しくなるわ。
投稿日:2018年12月04日0:20:47 193
ミハイルは良い人ですが、その分……苦労性が目に見えてますしね。
この辺りは原作通りかと思いきや、少しミリアムの扱いは異なるのが注意です。この先、どんな風に彼女が再登場するかは追々と。
原作を見ていても思いましたが、帝国はギリアス・オズボーンがいなくなったくらいで問題はまったく解決しないよね? と言うことでした。そもそもギリアスがいなくなったことで、悪い部分が一気に表面化する可能性の方が高いのでないかと……。これまで無理を通してきた反動も大きそうですしね。
レイフォンが嫉妬するのはテンプレ。でも、根が正直な子なのですぐ仲直りはしますw
記念作品は都合上省略した空白期をやることにしました。本当は回想みたいな感じで最終章に入る前に少し触れようかと思っていたのですが、それなら記念作品でやってしまおうと。そう長くはないので、お楽しみ頂ければと思います。
[179]投稿日:2018年11月13日22:40:50 [拍手元リンク]
魔女(幼)の言葉で目を輝かせ、生き生きし始める魔王。
創造神の護衛のついでに貴族の娘を攫う魔王……字面で見ると酷いなコレw
ラクシャも遂にゼムリア大陸に。愛人の多さに戦くといい!
投稿日:2018年11月26日20:8:45 193
シャーリィは良くも悪くも魔王らしい生き方していますしね……。シャーリィがラクシャを連れ去ったのって、ノルンの世話を押しつけるつもりだったりする気もしますしねw
愛人どうこうより、まずはカルチャーショックを受けることになるかとw
[178]投稿日:2018年11月10日11:22:47 [拍手元リンク]
世界をどうにかしようとする地精、片や友達思いで頑張ろうとする魔女……なんだこの差はw
ロゼは肉体の見た目に精神引っ張られてるっぽいので、更に友達思いなんでしょう。
頑張れアリアンロード、友達が猟兵王を仲間に引き入れてお前を狙っているぞw
投稿日:2018年11月13日0:29:18 193
アルベリヒは、完全に道化というか……小物扱いでしたしね。それと比べると、ローゼリアは友人・家族想いの良いキャラを演じていたと思います。
アリアンロードも不器用なところは、ローゼリアとどっこいですけどね。ルーファスは既にいないので死亡フラグは消えているはずですが、果たして――。
[177]投稿日:2018年11月08日22:38:43 [拍手元リンク]
先の戦争すらも計画通り。改めて恐ろしい連中だよなぁ。
ヴァリマール、しれっと巨神の片割れの方の力も吸収してる可能性が……やべぇよ、至宝の力が倍プッシュだよw
呪い、それは王者の法発動時にリィンの身体から浄化されてしまう悲しき定め……
投稿日:2018年11月10日0:58:10 193
とはいえ、最大のイレギュラーが計画の要という時点で、計画は破綻しているも同然ですけどね……。
ヴァリマールがどういう状態にあるかは追々と。原作との擦り合わせで一番苦労した部分なので、楽しんで頂ければと思います。
前作の一話の時点で、最初から〈鬼の力〉を使えていたと言う話がありますが、それもここに繋がっています。
[176]投稿日:2018年11月06日20:57:58 [拍手元リンク]
ミュゼの能力を活かすには、大量の情報が必要ですもんね。情報が無いと手の打ちようがない。
つまり常識の範囲外であるリィン周りや黒の工房の狙いは対応しにくいんでしょうね。
普通の女の子の精神に恐るべき指し手の才能、内側と外側の規格が合ってないこの感じ。可哀想すぎて捻くれてても許せるよ!
ローゼリア、煽られて即登場。簡単に罠にかかるのな!このロリババアはw
投稿日:2018年11月08日0:17:23 193
ミュゼの能力を活かすには、情報収集が不可欠ですからね。ローゼリアを呼び出したのも、それが理由です。
とはいえ、それでもリィンの非常識さはミュゼの想像を超えているのですけど……。実際、一番頭を抱えてるのはアルベリヒかもしれないという真実。
ローゼリアは肉体に精神年齢が引っ張られているので……たぶん。素であの性格な気もしますけどね。

次の20件>>

解析結果詳細レポート

日時
拍手数
グラフ
1月24日0時 0
1月24日1時 0
1月24日2時 0
1月24日3時 0
1月24日4時 0
1月24日5時 0
1月24日6時 0
1月24日7時 1
1月24日8時 0
1月24日9時 0
1月24日10時 0
1月24日11時 0
1月24日12時 0
1月24日13時 0
1月24日14時 0
1月24日15時 0
1月24日16時 0
1月24日17時 0
1月24日18時 0
1月24日19時 0
1月24日20時 0
1月24日21時 0
1月24日22時 0
1月24日23時 0
本日の合計1拍手


過去31日間の解析
1
4
10
2
3
15
4
8
13
1
3
4
12
3
6
3
0
0
1
0
0
2
2
0
0
2
3
5
19
4
0
1/24
1/23
1/22
1/21
1/20
1/19
1/18
1/17
1/16
1/15
1/14
1/13
1/12
1/11
1/10
1/9
1/8
1/7
1/6
1/5
1/4
1/3
1/2
1/1
12/31
12/30
12/29
12/28
12/27
12/26
12/25

web拍手CGI公式サイト
Designed by SILUFENIA